今年の漢字は・・・

いよいよ今年も終わりが近づいて来ました。
今日は小売会社に出社し、年明け以降の戦略についてあれこれと検討しました。
・自社の能力概念の見直し
・自社の戦略ドメインの再構築
・商品サービスの志向
・新サービスの企画
・営業体制の再構築
どばぁっ~!!
と考えて、
どぁっ~!!
とドキュメントにまとめましたwww。
やはり一人は仕事がはかどりますね。。。
振り返ってみると今日の一日は今年1年を凝縮したような日でした。
作っては壊し、作っては壊しの繰り返しで、正直、辛い1年でしたねwww。
自信を失った時期もありました。
大切な方々との決別もあり、自分の未熟さを相当味わった1年でした。
そんな今年を1字で表せばやはり
「失」
と言う事になると思います。。。
と言う事で、来年は以前のブログでも書いたとおり、「パーソナルパワーを磨く」をテーマに、初心に帰って自分磨きに勤しみたいと思います。
最後に本年中にお世話になりました皆様、本当にありがとうございました!!
新年も引き続き変わらぬご支援を頂けます様、精進してまいります。
何卒よろしくお願い申し上げます!ありがとうございました!


組織変更とオフィスレイアウト

今日はエクストの最終日です。
大掃除と組織変更に伴うオフィスレイアウト変更です。
今期から事業ごとの組織編制になりましたが、同職種間の情報共有をスムーズにする為に、
・組織は事業毎
・オフィスは、職種別ユニット
という特殊な体制を実施します。
事業の管理は従来のマネジメント体系で行いますが、日々の業務は同職種と連携を取りながら行います。
やってる仕事は異なりますが、技術面や発想部分での情報共有や教育が行えれば効率化に繋がるのではという期待を持っています。
これは以前のブログにも書きました現状の問題点を解消するための一環として実施します。
当初はフリーアクセス(席を決めずに、自由な場所で仕事が出来るオフィススタイル)にする予定でしたが、設備面のコストや各事業の成熟度などを考慮して、まずはこの形で改革です。
席替えは気持ちも切り替わるし、定期的に行うのは良い刺激になりますね。



大忘年会!

今日はエクストの忘年会。
インターン生も含めた23名でワイワイと開催しました!


エクストの催し物は、コミッティーによって運営されています。
こうした忘年会の主管はモチベーションコミッティーが担当します。
レクリエーションや表彰など、モチベーションアップに繋がる催しを開催するのがコミッティーの役割です。
今回は、井上が会場の手配から出席者の管理、料理の選定まで行ってくれました!

ありがとうございます!
また途中で色々なイベントが発生します。
まず、extension(エクステンション:人財採用・教育)コミッティーによる新入社員研修のテストの表彰!
最高点は内定者の杉田!なかなかの成績。
最低点はインターンの西岡くんwww。今日でインターン期間終了になりますので最後に挨拶をしてくれました。。。

続いて、exstyle(エクスタイル:モラルアップなど)コミッティーによるファッションチェックイベント!!


最後は、extrend(エクストレンド:トレンド情報の収集など)コミッティーによる「エクストの名言、迷言集」。
大賞は芝先の口ぐせ「がんばれ~がんばれ~」www。「どんだけぇ~タスキ」の贈呈ですwww。

なかなか面白い催しの連続でしたwww!!
仕事の中に楽しさを見つける事は、会社にとってとても重要な事です。
みんなありがとう!!
今年の成長を来年に繋げて、成長していけるように頑張らねば!


伝統と革新

今日は朝から芝先と共に京都へ。
大正7年に創業した印刷会社さまへ訪問する為です。
新規事業のWEBサイトを構築したいと言う事で、その詳細をお伺いしました。
大手が参入しないニッチな分野で、なかなか興味深い内容でした。
あれこれとディスカッションしながら2つの案を提案しました。
一つはオーソドックスにサービスをPRするサイトの構築。
もう一つは、ある仕掛けによってターゲット顧客を吸引し、そこに対してプロモーションをかけるという案です。
この案が実現すれば、該当分野ではナンバーワンのブランドを構築できると思います。
社長様、担当者様もかなり乗り気で、ぜひ次回、詳細な提案が欲しい!と言う事で今日の商談を終えました!
ありがとうございます!
伝統のある会社は、固持する物がある反面、革新に対して抵抗を持ちません。
企業を存続させる為に革新を繰り返してきたDNAが受け継がれているのでしょう。
「変えてはいけない物」と「変えなければならない物」。
私もこの違いを感じる経営者にならなければいけませんね。


コンサルティング計画立案

今日は、コンサルティングの年間契約を頂いているクライアント企業様の次年度方針会議を行いました。
本年度の契約内容を見ながら、今年出来なかった事などを洗い出し、次年度の計画に盛り込んでいきます。
その際必要になるのが「アクセス解析」。
最近、どの企業でも導入され、重要度への意識も見直されてきたこのアクセス解析ですが、これは長く続けてデータが溜まれば溜まるほど価値を生みます。
統計データというものは、ある程度の数字が取れないと意味を生まないものなのです。
また、年度予算の使い道もココ数年で大きく変化してきました。
WEB製作会社では、「これくらいのものを作るから○○円」という発想になりがちですが、エクストの会議では「1件の反響を獲得するのに今○○円だから、次年度はそれを○○円に引き下げよう!」という方向に話が進みます。
極端な話、ホームページを作らなくても良いケースもあるのです。
毎年、新しいサービスを色々と模索しているのですが、来年はコンサルティング分野の商品に力を入れて行く事になりそうです。
年内には中身をまとめたいと思います。乞うご期待!