OJTによる職能研修を最大限に生かすコツ

めっきり肌寒くなりました。

昨日の夜中、短パン、Tシャツで寝てると、寒くて目が覚めました・・・。

季節は着実に秋に向かっていますね。


書印刷同朋舎さまへ打ち合わせに。

先日オープンしました「自分史.JP」の経過について報告し、今後の方向性について
改めてディスカッションを行いました。

アクセスや会員数など、ことのほか順調に推移しているので、この調子で次の手を
実行していく事になりました。

こうした共同事業は、何といっても信頼関係が大切です。

同時に、この事業に対して同じ熱意を持って取り組む必要があります。

そういう意味では、両社から異なる提案があがり、良好に進んでいる感覚が
あります。

今後の展開が楽しみです。


会社に戻ってからはエクストアカデミー(社内大学)で、企画発想セミナー
を開催。

今回で第5回目となりましたが、アイデア開発の手法(考え方)、アイデアを
引き出す会議の仕方について講義しました。

毎回実習を行うのですが、内容は実践さながらです。

「〇〇さまから、この商品を倍販する企画を練って欲しいと依頼が来た。
3つの条件を満たしつつ、企画を完成させよ。」

これに各自が取組み、発表する。

今日は6名の参加だったので、6つのアイデアが生まれます。担当者は、それを
参考にして、本企画に起こす。

限られた時間の中で、OJTの職能研修を最大限に生かすコツは、研修と実践を
組み合わせ、学びながら即現場というフローを作ることだと考えています。

たった1時間。されど1時間。

学びと成長を比例させる人財育成に挑戦です。


——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
△2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
△3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在67冊。

「脳を鍛える大人のドリル」川島隆太

—————————————————–


仕事を楽しむには

USJに行くと、ETのアトラクションがある。

最後に、ETがたくさん出てくるのですが、大人の反応はカワイイとまでは
いかなくても、概ね好意的です。

しかし、肝心の子供はというと・・・

娘が小さいころ、

「これってカワイイの??ホントにカワイイの??」

と半ベソをかいていましたwww。

ここには「刷り込み」という心理的な要因が働いています。

大人は自分たちが子どもの頃、映画でETを見ていますから、あの宇宙人が
すんごくイイやつだって事を知っています。

お世辞にも可愛くないあのキャラが愛しく感じるわけですが、それを知らない
子供からすれば、見たこともないグロテスクな生き物でしかないのです。

一度、刷り込まれた印象は、簡単には外れないものです。

意識せずとも、直感的に感情を変化させます。

昔のカレに似てる!の体験が、良い体験だったか悪い体験だったかで、
その人への印象は大きく変わるでしょうねwww。


仕事に関しても同じことが起こります。

苦手なタイプの人に似ている方が、自分の担当になると相手がどんな方かは
別にして、ネガティブなイメージを持ってしまう。

プロとしてあってはならない事ですが、人間はそういう一面を持っています。

逆に、好きなタイプのお客様の担当になれば、どんどんポジティブになって、
提案や企画が湧いてきたりします。

ある意味、良い刷り込みと言えます。


仕事のみならず、良い人間関係を築くためには、こうしたマイナスの刷り込みを
出来るだけ少なくする方が良いと思います。

また、苦手にしている仕事や技術も同様です。スピーチなんかはその典型では
ないかと思います。

では具体的にどうすればよいのか?

心理学では、刷り込みが起こった時の記憶を呼び覚まして、大人になった自分の
理性でそれを処理するといった療法があるようですが、余程の刺激がない限り
そこまでして改善しようと思う人はいないと思います。

私的にいえば、「得手、不得手があって何が悪いか?」と開き直った方が、
早いような気がしますwww。

苦手を克服しようと悩むより、得意な分野をモリモリ伸ばす方が絶対に早いし
楽ちんです。

苦手な分野は、苦手なりにこなせる程度までスキルを上げれば良いのです。

変にカラオケが上手いより、思いっきりヘタの方が、一緒にいて面白い人だったり
しませんかwww。

それが個性になったりするもんです。


仕事を楽しむには、苦手としている刷り込みに気づいた上で、強みをどんどん
伸ばすことが大切だと思います。


——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在66冊。

「利益の方程式 商売は粉もの屋に学べ」勝間和代

—————————————————–


強みの相乗効果

今日は商談中の大手企業さまへプレゼンに行ってきました。

現状確認から目的の共有、企画コンセプトと具体的提案について説明。

その中で、ブランディング、売上アップの道筋について、今までの事例を
説明しました。

最終候補には3社が残っているそうですが、ここまで突っ込んだ提案をした
のはエクストだけだったそうで、一定の情報をお渡し出来たことにほっと
しました。

もちろん、成約し結果を出してこそプロです。

しかし、私は商談の過程も情報交換の場でなければいけないと考えています。

その密度こそがお互いの成功に結びつくものだと思うからです。

少々不器用なやり方かも解りませんが、エクストに知り合えて良かった!
と言われるような会社でありたいです。


エクストは、「創客を科学する」というコンセプトに従って、お客様を集め、
売上を上げるという価値を提供しています。

その方法として、
・体系化された創客ノウハウの提供
・創客のための実践的ツール開発
・創客を実現するマーケットの構築
という3つを商品サービスにしています。

こうした価値を、お客様にいかに伝えるか?そして期待をもって頂くか?
が自分たちの「創客」に繋がります。


そうした中で、成功事例は自分たちの商品をアピールする根拠といえます。

売上が前年比160%に達した。お問い合わせ件数が1か月50件になった。
カタログ請求が毎月150件を超える。販促リストを1000件集めた。

すべて、エクストがお客様と一緒に作り上げてきた成果です。

そんなことを考えながら気づいたこと。

エクストの本当の強みって

「お客様と一緒に作り上げていく」

という経営姿勢にあるということです。

エクストの理念である「独創 協働 挑戦」。

この「協働」は、エクストの経営姿勢と定義しています。

その意味は3つ。

・強みの最大発揮
・積極的に人の強みを受け入れる
・強みの相乗効果を発揮する

BtoBの基本は、「お互いプロである」ということ。

プロ同士が強みを発揮し、相乗効果を発揮できれば、必ず成果を生み出せる。

そんな気概で、仕事に当たる。

これができれば仕事は最高に楽しいと思います。


——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在66冊。

「法人営業バイブル」大塚寿

—————————————————–


起業家として

昨日、テレビで横浜ベイスターズの工藤選手が特集されていました。

現在45歳。ドラフト6位の入団で、現役最多の勝ち星をあげています。

インタビューの中でこんなことを言っていました。

「引退する選手の中に後悔はありませんという方がいますが、
ぼくは後悔しかないと思います。若い時、こうしておけば
良かったとか、あの時、こんなことしなければ良かったとか」

高みを目指す人は常に出来ない自分と戦う宿命を背負うわけですが、
その中でも他よりも立派な実績を残している言葉には重みがあります。


私は経営者になって12年が経ちました。

この間、いろいろな事がありました。良い時も悪い時もありましたが、
同じように後悔することがたくさんあります。

日々、葛藤です。

今までの自分を振り返ってみると、いかに未熟であったかを痛感します。


今日は自分の人生の中でも、大きな転機になる1日でした。

泣けるほど悔しい事がいっぱいありました。

それ以上に、

泣けるほどうれしい事がいっぱいありました。

どれだけ多くの人に支えられているかを知りました。


起業家として、またひとつ成長できた記念すべき1日でした。


——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
△3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在65冊。

「マーケティングの基本&実践力がイチから身につく本」安原智樹

「本当に欲しいものを知りなさい」スティーブン・リース

——————————————————


腰痛と筋肉痛のはざま

日曜日に久々のソフトボール。

デッドボールをよけた拍子に「グキッ!」と・・・。

やってしまいました。。。

腰に激痛。

動くたびに激痛。

朝から接骨院で電気治療とマッサージを受けて、ちょっとマシになりましたが、
そのうち、腰の痛みと筋肉痛の痛みとこんがらがって「何がなにやら」状態に。

で、ボーッとテレビを見ていると「セサミン」のCMが目に入りました。

「体調の変化を感じ始める40代の方にお勧め。」とのこと。


んっ??

体調の変化??

40代??


私の場合、26歳を超えたくらいから急に体調が変化しましたよ(汗)。

それまでは、どれだけ食べても飲んでも、運動してもしなくても、
体重は「57kg±1kg」を維持していましたが、26歳になって
ブクブク太りだして、なんとMAX70kgに!?

ダイエットに成功して、今は60kg前後をなんとかキープしています。

さらに、運動後の筋肉痛が3日くらい続くようになったり、30歳を過ぎた辺り
から、大好きだった焼肉があんまり食べれなくなったり、野菜や魚が好きに
なったりと、みるみる内に体調が変化していきました・・・。

まだまだ若いとは思いますが、刻一刻と年を取っているのを感じますね。


腰痛と筋肉痛のはざまを彷徨いながら時間の有限性を噛みしめてますwww。


——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
△2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
△3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在65冊。

「マーケティングの基本&実践力がイチから身につく本」安原智樹

「本当に欲しいものを知りなさい」スティーブン・リース

——————————————————