好況よし、不況さらによし。

今日は滋賀のびわこホームさまにご訪問。

来期のご契約について話し合いを行いました。

2006年4月のリニューアルオープンから2年7か月が過ぎました。

ということで、来年ふたたびリニューアルを行います。

今回は大幅なコンセプトの見直しを行い、新たなイメージを
打ち出していきます!企画魂が燃えていますwww!!

商談の中で上田社長と間で熱い攻防があったのですが、
最後はがっちり握手www。

ある約束を取り交わしました。来期は熱い1年になりそうです。


その後、大渋滞に巻き込まれながら大阪、堺の不動産会社、
U社のM社長を訪問。

現在、パチンコ関連の商材サイトを企画中なのですが、M社長は
元々パチンコチェーンで専務をしておられましたので、今回の
商材について色々とご意見を聞いてみました。

非常に有益な情報をいくつか頂き、企画の方向性が見えてきました。

その後、二人で会食。

成功している会社の話や今後のビジョンなど、びっくりするくらい
前向きな時間を過ごすことができました!!


M社長の印象的な一言。

「100年に一度の不景気らしいけど、遭遇して良かったわ!
厳しいからこそ自分が磨かれるし、成長できるんやから
ホンマにありがたいことやと思うわ~!!」


松下幸之助の一言。

「好況よし、不況さらによし。」


いつでも今が一番良し!

モチベーションの上がる1日でした!

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
△2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在78冊。

「ウェブ心理学」川島康平

——————————————————


知識や経験を超えるもの

最近、「理(ことわり)」について考えることが多い。

世の中には原理原則が存在しています。

過程と結果には、決定的な因果関係があり、深いところでいえば、
不思議の成功も不思議の失敗もないのだと思う。


今日は、岡野先生が来社され社員さんを巻き込んで「相談屋台」が
開催されました。

日頃の仕事の悩みなどを問答形式でお答えいただくものですが、
私との話の中では、今抱えている課題について、タイムリーな
答えをたくさん頂きました。

その中で、冒頭の「理(ことわり)」についての話が出たのです。

情報は求めると巡り合うものですねw。


なぜ知識や経験を求めるのか?
知識や経験が、本当は可能性を妨げているのではないか?

そんな問いから、学びはもっと真理に近いところを学ぶべきではないか?
その点、古典から学ぶことは多い。

戦略の「略」は、いらないものを省く、すなわちシンプルでなければならない。

理論武装し過ぎて難しくなり過ぎると、「何でもやります!」に負ける。


この1時間は、来年に向けてすごく貴重な時間となりました。

来年に向けての次の一手が見えてきました。

岡野先生、ありがとうございました!

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

△1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
△2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在77冊。

「40歳から人生「面白くなる人」「つまらなくなる人」」川北義則

——————————————————


コンセプトワーク「串刺し言葉」

コンセプトワーク「串刺し言葉」
今日は、保険会社T社長がご来社。IT保険について話し合いをしました。

システムの不具合や情報漏えいなど、ITにまつわるトラブルは増加の一途を
辿っています。

運送会社なら、自動車保険は必ず利用していると思いますが、IT事業者で
保険を利用している会社は皆無です。

お客様への安心を高めるために、保険の導入を検討しています。
とはいえ、保険業界自体にIT保険の実績がなく、まさに手探り状態のようです。


その後は、案件ミーティング3件。

今月はお陰様で受注が好調です。

各案件の今後の流れについて担当者と話し合いました。


今回のミーティングでは、主に「コンセプトワーク」を行いました。

「今回の企画コンセプトはこれ!」

というのを考えるのですが、その時に大切なのが「串刺し言葉」です。


ここでの串刺し言葉とは、目的達成のために、コンテンツやキャッチコピー、
ターゲットなどの方向性をひとまとめにするキーワードです。

これが出てくると、後々の検討事項は面白いほどスムーズに決まっていきます。

漠然とした中で発想するには限界があります。

よい糸口を見つけることが、企画の完成度を高めるポイントだといえます。

今日は頭を使いすぎたので、若干頭痛がしてますが、今からまた専務の芝先と
ミーティングです。。。

もうひと踏ん張りがんばります。

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
△3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在72冊。

「仕事に役立つ心理学」渋谷昌三

—————————————————–


ルーチンワークと非ルーチンワーク

今日からバリューシェアグループのグループマネージャーを兼任することに
なりました。

バリューシェアグループは、アフターサービスをメインとした部署で、
日々、サイトの改善活動を行っています。

今後の展開として、創客を実現する実力を蓄え、当該分野でNO,1を目指す上で、
この部署は非常に大きなポイントになります。

そんなことで早速、グループミーティングを行い、今後について話をしました。

現状の問題点として、2点が挙げられました。
1、情報共有のためのミーティングがどうしても多くなる
2、新しい取り組みが多く、業務のルーチン化が進まない

そこで、今回から定期ミーティングを廃止しました。

本当に必要な情報は、必要な人が、必要な時に、現場で得れれば十分です。
その分、業務の時間に費やしたほうが良いという判断です。

次に、独断でルーチンワークを決めました。

いつ、誰が、何を、どのようにするか?

これが決めれる仕事は、すべてルーチンワークです。

どうすれば良いルーチンになるかを考えていたら、「こんな場合実行できない!」
といった非ルーチンの業務が顔をだして、いつまでも決まりません。

非ルーチンの仕事は、重要度や優先順位が高いものが多く、それを基準に判断
すれば、いつまでたってもルーチンなど出来ません。

考えるべきは、非ルーチンの処理であり、ルーチンはいったん決めて、実行し、
問題があれば変えれば良いのです。

効率化を考えるあまり、実行が遅れることの方が、実際は何倍も非効率なんです。

ということで、明日からもバリバリ現場に参戦です!

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在69冊。

「負けるが勝ちの逆転ゲーム理論」逢沢明

—————————————————–