Google AnalyticsでiPhoneユーザーのアクセス状況を調べる方法

iPhoneを中心としてスマートフォンの普及が著しいです。そこでGoogle Analyticsを利用している方は絶対設定しておいた方が良いアドバンスセグメントのご紹介です。

1、Google Analyticsを開きます。




2、画面右上の「アドバンスドセグメント:全セッション▼」をクリックします。



3、表示された画面の「アドバンスドセグメントの新規作成」をクリックします。




4、設定画面が表示されますので、左メニューのシステムをクリックします。




5、「OS」と書かれた項目を右側の「ディメンションまたは指標」にドラッグ&ドロップ。



6、右側に「値」と表示されますので、「▲(さんかく)」をクリックし、「iPhone」を選択します。
下方の「セグメント名を入力:」に「iPhone」と記入し「セグメントの作成」をクリックします。




7、設定が完了しましたら最初の画面に戻り、画面右上の「アドバンスドセグメント:全セッション▼」をクリックします。
カスタムセグメントに「iPhone」という項目が増えていますのでそちらをクリックします。




8、そうすると下記のようにiPhoneユーザーの数字が表示されます。




9、同じように「Android」も設定すると更に細かい状況を知ることができます。




地域や検索キーワードなどを比較すると新たな発見があって面白いです。


人生を変えたマンガを語る会

ビジネス漫画家の渡邊治四さんとプロコンセプト研究所の岡野さん主催の「人生を変えたマンガを語る会」に参加してきました!

メンバーは、EC studioの核弾頭の異名を持つムラジンさん、デザイン学校の講師のFさん、エクスト小野寺を加えた6名で約4時間に渡り、熱く語りまくりました(^^)。

フリートークでマンガネタはもちろん、影響を受けた音楽や影響を受けた出来事、出会いなど、すごく充実した夜となりました。


印象的だったのは、イチロー大好きだったムラジンさんが、ある時hansonに夢中になって10年たってから一人で海外にいって、hansonのメンバーに会ってきたという話。この行動力は凄まじいです!

証拠写真↓
hanson

イチローとの記念撮影(笑)↓
ichiro



主催者のひとり、岡野さんは自作の俳句60選を披露。しぶい。Charaの大好きさでは日本一と豪語してましたね。



一流になるためには、何か一つ、趣味の領域でこれぞというものを極めた方が良いと何かの本で読みました。私の場合、野球ってことになりますが、もうひとつ語れる何かを身につけようと考えさせられる貴重な体験でした!

ご興味のある方はぜひお声掛けください(^^)/



2011年のテーマ「集中」
——————————————–
1、ベンチマーク・・・成長企業など5社への訪問インタビュー
2、新たな柱の構築・・・新サービスを主軸に成長させる
3、人財育成の強化・・・社内研修制度を再構築
——————————————–


バレンタインですな。

学生の頃、妙にそわそわしてしまう日と言えばやっぱりバレンタイン。

「チョコはいってたらどないしょ!」とか思いながら机の中にこそっと手を突っ込んでみたものの、何もなかった時のあの虚しさと恥ずかしさといったらもう・・・。


ところが、最近では「義理チョコ」という言葉も陳腐化してしまって、友達同士でチョコ交換したりして恋愛のイベントから外れていってますね~。

もう10年くらいしたら「昔、チョコレート渡してお返しにマシュマロもらう変な儀式あったってホンマですか?」とか聞かれそうで怖いですな。


それはそうとエクストといえば

イベント大好き!

ですので、オフィシャルサイトはバレンタインバージョンになっとります。

ぜひ見てね! ⇒ オフィシャルサイトはこちら

過去にも色々やっとります。 ⇒ エクストアーカイブ


見逃した方は画像をどうぞ。




2011年のテーマ「集中」
——————————————–
1、ベンチマーク・・・成長企業など5社への訪問インタビュー
2、新たな柱の構築・・・新サービスを主軸に成長させる
3、人財育成の強化・・・社内研修制度を再構築
——————————————–


心のスイッチ

人間の心の中には感情のスイッチみたいなものがあって、そのスイッチを押されると意思を飛び越えて笑ったり、怒ったり、悲しんだり、喜んだりしてしまう。

このスイッチは、幼少からの経験によって知らず知らずの間に作られ自分の中に定着していく。同時に、その時々の自分の状況などによって、そのスイッチは大きくなったり小さくなったりして、いつの間にやら自分の感情を支配してしまう。

特に自分のマイナスのスイッチに気付いて自分を律することが出来れば、感情をコントロールできる「いっぱしの大人」になれると思うのだが、これがなかなか難しい。

先日は専務の芝先と仕事のことで、瞬間湯沸かし器のごとくやりあったし。

今日も、お世話になっている先輩との電話でなぜか興奮してしまって、気がつけば喧々諤々とやりあっている自分にちょっと落ち込んだりして。

この年になって今もなお、どうでもいいことに右往左往し、つまらないことに一喜一憂する自分ってどうなの?

いやいや、それこそが個性じゃないの?

とか考えてみたりしたが、今、ずっしり反省しているということは、きっとこれはなりたい自分の姿ではないんだろうと思い至る。

こういう時は、気持ちをスイッチできる友人と飲むのが一番だな!

とかいって、遊ぶ理由を作る自分は結構好きです。

2011年のテーマ「集中」
——————————————–
1、ベンチマーク・・・成長企業など5社への訪問インタビュー
2、新たな柱の構築・・・新サービスを主軸に成長させる
3、人財育成の強化・・・社内研修制度を再構築
——————————————–


業務の効率化

最近、コンサルティングの定期訪問にいくと、頻繁に出てくる話題がある。ITを活用した業務の効率化だ。特に多いのが、情報管理の一元化を目的としたオンラインストレージの活用とスマートフォンを中心とした情報の共有化、タイムリーな情報へのアクセスなどである。

下半期の方針では、スマートフォンの活用に主軸をおいた新たな提案をする予定ですが、それよりも早く事例ができそうで嬉しい気分です。


先日、講演にいった際にも、ネット集客の手法などと並んで、IT活用の話題に対する皆さんの食い付きがすごかった。

ここ数年では、最大の変化を感じる今日この頃。

急ピッチで仕組み作りを進めなければですね。



2011年のテーマ「集中」
——————————————–
1、ベンチマーク・・・成長企業など5社への訪問インタビュー
2、新たな柱の構築・・・新サービスを主軸に成長させる
3、人財育成の強化・・・社内研修制度を再構築
——————————————–