タスク管理ツール「SONR.(ソナー)」をリリース!

エクストがここ2年半に渡り開発を進めてきた、クラウド型タスク管理ツール「SONR.(ソナー)」をリリースしました。

『SONR.(ソナー)』とは、水中探知機の「Sonar」を由来とし、「社内の問題発見」と「タスクの見える化」を進めながらチームのベクトルを合わせ「働く人を幸せにしたい」という思いが込められています。

クラウド型タスク管理ツール「SONR.(ソナー)」

クラウド型タスク管理ツール「SONR.(ソナー)」



組織が成立するには3つの要素が必要だという考え方があります。
・共通の目的
・協働の意欲
・コミュニケーション

この3つのうち、どれか一つでも失うと組織は成立しないと言われています。しかしながら、あるアンケートによれば80%以上の人が社内のコミュニケーションが不足していると答えており、情報の共有化、関係性の強化といったものに不満を抱いているのが現状です。

こうしたコミュニケーション不足が発生するには大きく3つの理由があると考えています。

1、やる気・・・部門間の壁、個人主義の蔓延など、そもそもコミュニケーションを取りたがらない風土がある。
2、やり方・・・どんな情報を誰がどんな方法で共有するかのルールが欠如している。
3、やり場・・・情報に応じた適切な伝達手法、ツールがない。

コミュニケーション不足の理由

コミュニケーション不足の理由



また、こうしたコミュニケーション不足は現場のタスク(仕事)の品質に大きく影響を及ぼします。

会社を良くしていくためには、経営理念、戦略、マーケティング、マネジメント、財務など、幅広い分野において学び、その実行力を高めて行かなければなりません。

しかし、そうして築き上げた経営システムを細分化していくと、すべては現場のタスクのひとつひとつにつながっていきます。どんなに優れた考え方でも、現場のひとつのミスがその会社の評価につながります。

つまり、現場のタスク品質は会社全体の品質そのものと言っても過言ではありません。

タスク管理と経営品質

タスク管理と経営品質



こうした日々発生するタスクを効果的、効率的に管理するために生まれたのが「SONR.(ソナー)」です。

クラウド型タスク管理ツール「SONR.(ソナー)」
http://www.sonr.jp/

詳しくは上記リンクよりご覧ください。よろしくお願いいたします。