消費者の気持ちを湧き立たせるものは何か?

あれは小学校低学年だっただろうか。新しいアニメが始まるというのでどんなものかと眺めていたブラウン管の中にとんでもない映像が流された。

そのアニメとは、アラフォー世代の多くが熱中し、その後のロボットアニメに大きな影響を与えた『機動戦士ガンダム』である。

宇宙における独立戦争という重厚なテーマ、子供向けとは思えない緊迫したストーリー展開、何よりモビルスーツという見た事もない兵器のかっこ良さに大きな衝撃を受けた。

その日は夜まで興奮が収まらなかったのを今でも鮮明に覚えている。

当然のことだが、次の日の学校はその話題で持ち切りとなった。それから程なく発売されたコレクションシールやプラモデルに夢中になり、小学校生活はまさにガンダムと共に過ごしたと言っても過言ではない。

なぜ私たちはあんなにも熱中したのか?

1,まったく新しいポジショニング
ガンダム前後でよく見ていたアニメといえば、アルプスの少女ハイジ、フランダースの犬、母をたずねて三千里といったファミリー系、天才バカボン、おじゃまんが山田くん、アラレちゃん、ギャートルズといったギャグ系アニメ、ドカベン、侍ジャイアンツ、キャプテンといったスポ魂、ドラえもん、ルパン三世、未来少年コナン、銀河鉄道999などのファンタジー系といったジャンルが主流であった。

そこにまったく新しいポジションが現れた。ガンダムは、「リアルな描写」「緊迫したシチュエーション」「重厚なストーリー」といったこれまでにない世界観で新しいジャンルを切り開いたと言える。その後は、ダグラム、マクロス、ボトムズといったアニメが続々と登場した。

2,リアリティの追求
・モビルスーツ「ザク」が、スペースコロニー「サイド7」に潜入する緊迫したスタート
・胸のあたりのコクピットからパイロットが下りてきて双眼鏡で偵察する現実的風景
・初めて立ち上がろうとしたガンダムの真正面からマシンガンを構えるザクの威圧感
・逃走するザクを背後からビームサーベルでぶった切るガンダムのシルエット

第1話で登場したこれらのシーンは、「これまでのアニメとは違うぞ」という意思を十分に感じさせてくれた。それぞれのシーンが非常にリアルに描かれている。

今に思えば、このアニメは子供向けではなく、完全に中高生がターゲットだったのだと思うが、低学年の私でも「何だかすごいアニメが始まったぞ!」という興奮を感じた。このリアリティがアニメと現実の垣根を薄くした。

その証拠に自分たちが大人になる頃にはモビルスーツが実在していると本気で信じていた。二足歩行ロボットの夢を大きく育てたひとつにガンダムがあることは否定できないはずだ。

3,人間味ある登場人物
第1話では、主人公アムロの幼馴染であるフラウボウの母親が爆撃で死んでしまう。「君は強い女の子じゃないか!」と頬を叩き避難場所まで走れと叫ぶアムロ。これをきっかけにアムロはガンダムに乗り込んでザクを戦うことになる。ヒロインの母親が爆撃で死んでしまう戦争アニメ、凄い描写である。

その他にも、偵察に来たのに手柄を立てようと勝手に攻撃を始める新兵のジーンとそれをかばい逃がそうとするのデニム。言わば脇役の脇役であるキャラクターにも人格があり、他の場面でも二人の人間関係が解るセリフを盛り込むなど徹底した演出の深さがある。

極めつけは、それを指揮するジオン軍の天才パイロット、赤い彗星のシャア。すでに第2話で、連邦軍のセイラ・マスと兄妹を匂わせるニアミスシーンがあり、第3話で戦闘中にガンダムを蹴り倒すシーンは序盤のハイライトだった。クライマックスまで続くアムロとシャアのライバル関係を決定づけるシーンであった。

ガンダムvsシャアザク

ガンダムvsシャアザク



社会現象を引き起こす物には、必ずといって他との違いを言わずとも感じさせる特徴がある。その特徴は、尖れば尖るほど際だってくるものである。

批判や失敗を恐れず、これでもかと自分たちの世界観を打ち出すその姿勢が、新しい未来を創りだしていくものだと感じずにはいられない。

そういう強い意志こそが消費者の気持ちを湧き立たせるのだ。


組織における4つの視点

階層型組織には例外なく4つの視点が存在する。それらは交わることがなく、時にはせめぎ合い、時には相乗効果をもたらしながらその組織と共存する。

その4つの視点とは、
1、社長的視点・・・重要な決断を行う意思決定者としての視点
2、幹部的視点・・・決定事項の推進役としての管理者の視点
3、社員的視点・・・現場の最適化を主として考える現場の視点
4、経営的視点・・・全体的、論理的、客観的な思考による視点
である。

上記の4つは、それぞれが現在置かれた環境やその時々の立場によって作られるものであり、各自のスキルや経験はほとんど機能しない。つまり、たとえ百戦錬磨の社長であろうとも、ひとたび一般社員になれば、社員的視点で物事を見るようになるという事である。異業種交流会などに行けば、全員がどこかの会社の社長、幹部なのに、その組織でのポジションによって一般社員や中間管理職の視点になっているのを見ればそれが良くわかる。

逆に、一般社員が社長になったならば、それまでの事は無かったかのように社長的視点で物事を見るようになる。後者については、ほとんどの社長が社員、幹部を経験して社長になったにも関わらず、社長になった途端に部下の価値観が理解できなくなる事例は事欠かない。

このように、人間は環境の生き物である事が解る。それ故に、今の自分にとっての最良を求めるという事になんら不思議はないし、それそのものに何ら問題はない。むしろその視点の差が組織の秩序を保っているといっても過言ではない。この事実を受け止めた上で4つ目の視点に話題を移したい。

経営的視点とは、前述した通り、「全体的、論理的、客観的な思考による視点」である。言い換えれば、「部分最適ではなく、数値や証拠を元に第3者として冷静に物事を判断する視点」と言える。つまり、部分ではなく全体、自己ではなく他己、願望ではなく現実に従って物事を見るという事である。

他の視点は決して交わることができないが、この経営的視点だけは誰もが持つことができる唯一の視点であり、立場を超えて共有化できる価値観なのである。

ではどうすれば経営的視点を社内に浸透させることが出来るのだろうか?

それは、「目的・目標の明確化と共有化」と「モチベーションの向上と維持」、そして「情報の共有化」である。理念、ビジョン、使命、方針などの明文化はまさにその第一歩であり、組織の意識をいかに遠くに向けるかが大切と言える。

目の前の事に囚われるのではなく、理想やビジョン、ミッションといった遠くのものに目を向ける事が「全体的、論理的、客観的な思考による視点」に近づく最も有効な方法なのである。

その為にトップは十分な経営知識を組織に与えなければならない。社内外における重要な情報を社内に共有しなければならない。同時に自ら学ぶ自立した組織を創らなければならない。

その為には、まずトップ自らが学ばなければならない。トップ自らが経営的視点を獲得しなければならない。それなくして、幹部や社員が経営的視点を持つことなどありえない。まさに組織の成果はリーダーで決まると言えるのである。

(2015.7.2 リライト)