攻撃は最大の防御と言えるか?

「攻撃は最大の防御」という格言がある。

元々は、戦争に関する格言で「防御なくして攻撃なし」というドイツ軍人の言葉が、後の総理大臣「山縣有朋」が、知ってか知らぬか誤訳してしまったものが広まったと言われている。

「防御なくして攻撃なし」と「攻撃は最大の防御」は似て非なるものである。この両者を経営的な視点において、どちらを正しい格言として捉えるのか?を考察してみたい。

まず、「攻めの経営」とはどのような経営であろうか?一般的には「積極投資」である。新商品開発、新市場への進出、店舗出店、異業種への参入など、スピーディーに展開し、市場シェアを拡大する経営と言える。

方や「守りの経営」は、投資を控え内部留保を増やし、人財を育成し、定着率を高め、人や仕組みの成長と共にゆっくりと手堅く展開する経営である。

この考え方を、先の格言に果てはめてみる。

「防御なくして攻撃なし」・・・強固な基盤がなければ積極投資などできない。組織は内部から崩壊すると言われる通り、まずは地盤固めが重要なのは言うまでもない。

「攻撃は最大の防御」・・・もたもたしていては、どんどん状況は悪化する。積極投資によるスピーディーな展開こそが自社を強くし結果として地盤を固めるのである。

いずれも一理あり。これを見て皆さんはどちらを信奉するだろうか?

もちろん、その会社のステージや状況によって選ぶ戦略は異なることは言うまでもない。まさに「風林火山」である。

この2者択一を論破している書籍がある。「ビジョナリー・カンパニー」である。ここでは「andの才能」という言葉で表現されている。偉大な企業は「orの抑圧」をはねのけて、見事にそれを両立させるのである。

「攻撃も防御も」。この壮大なテーマに望むことこそが経営なのかもしれない。