実はこっそりDocomoのAndroidを購入しました。機種は「MEDIAS(メディアス)」。

Docomo携帯がすでに3年以上経過していたので購入時期を見計らっていたのですが、Androidの新シリーズの使用感を確かめようとショップに立ちよって実機をチェックするつもりが、「本日発売のMEDIASならキャンセル分が即購入できますよ!」というお姉さんの口車に乗って買っちゃいました(^^)。。。

ということで、iPhoneとAndroidの2台持ちユーザーとしての使用感を簡単に紹介します!

1、操作感

発売当初からギクシャクするという意見が多数を占めていたAndroidですが、バージョン2.2になって随分解消された感があります。auのIS01やIS03を触ったことがありますが、画面移動のスピードやスムーズ感を体感することができました。

しかしiPhoneとの比較では、その差はまだまだ大きいと言わざるを得ません。例えば、スクロールの最後になると、iPhoneではクッションのような感じで行き過ぎたスクロールが戻る動作が入りますが、Androidでは衝突するようにスクロールが終わります。

些細なことではありますが、こうしたひとつひとつのこだわりが大きな操作感の差を生み出していますね。

また、タップ時の反応速度もiPhoneに分がある。Androidは、数回タップしてようやく反応することが多々ありますが、iPhoneではほぼ一発で認識してくれる。

画面の認識度を高める設定もあるが、私の場合、方手動作で画面上部を操作しようとすると親指の付け根の肉(母指球というらしい)が画面をタップしてしまうので、人によって善し悪しが分かれそうです。アクション系のゲームをやりたい方は、iPhoneの方がストレスなく楽しめるのは間違いありません!

2、インターフェイス

インターフェイスはAndroidが色々できて楽しいです。

ホームアプリというものをダウンロードすると画面をかなり自由にカスタマイズできます。レイアウトや見栄えそのものを変更できるので、自分好みのインターフェースを楽しめます。百聞は一見に如かずなので、いくつかのアプリを試してみたのでご覧ください。

左上から、標準画面→Zeam→MetroUI(WindowsPhone風になるwww)→91PandaHome2→91PandaHome2のサイドバーが出たところ→ライブ壁紙の手書きぬこ(ぬこが傾きに合わせていったりきたり超かわいい!)



3、ロック解除セキュリティ

端末情報を保護するのにロックを掛けることができる。iPhoneでは、パスコードロックと言って4文字の簡単なパスワードか半角英数字の複雑なものを設定することができます。Androidでは、点を結んでパスワードを解除する方式と半角英数字の複雑なものを設定できます。

ここで、点を結ぶ解除方式がすごい事になっているので紹介します。

最初はこんな画面です。


これをこんな感じで結んでいきます。



使用後、バックライトが消えると・・・。


なんと・・・!!



鑑識に回して~!!



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × five =