Panasonic(パナソニック)の新製品内覧会に行ってきました。

今後、発売される新製品から、次世代技術を利用した参考出展など、
見応えのある展示会でした。

2番手戦略を取っていた頃は、他社の新製品発売後にそれを上回る商品を
後出ししてシェアを奪い返す戦略でしたので、「マネシタデンキ」などと
揶揄された時期もありました。

業績を落として以降は、ブラックボックス技術を駆使して、差別化商品を
どんどん発売しV字回復を達成しました。
※ブラックボックス技術・・・特許を申請せずに、ブラックボックス化
することで、他社がマネのできない商品を開発する戦略。

戦略面では色々ありましたが、Panasonicの商品はいつ見ても質実剛健です。

目についた商材をいくつか。※写真撮影禁止なので画像はなしです。。。

1、セキュリティーシステム
防犯カメラ、ビエラ(テレビ)、ディーガ(HDDレコーダー)、インターホン
などを連動させた防犯システムが非常に面白かったです。

センサーで不審者を察知しカメラに録画、それを外出先の携帯電話に転送
することができます。

以前なら、各機器を接続するのにLAN配線などが必要だったのですが、今は
家の電気配線に情報を送り連携させるので、導入コストが非常に安く済みます。

この電気配線を利用したLANシステムは、アクトビラなどでテレビでネット
する際にも役立ちますね。

2、ビエラ Zシリーズ

奥行きが2.47cmと、めちゃくちゃ薄い!画質もかなり向上しています。
最上位機種ですね。

3、LUMIX(ルミックス)GH1

ハイビジョン動画が撮影できる一眼レフ。デジタルビデオ開発のノウハウを
活かして、レンズのフォーカスを自動で高速に合わせるのが特徴。
何といっても、小ささ、軽さが魅力ですね。一眼レフの入門機や2台目として
は、持ってこいかも。

4、「パートナー。Panasonic」

25才から35才の層をターゲットにして、比較的価格を抑えながらデザイン性
を高めた商品ラインナップを拡充しています。

一人暮らしやニューファミリー層といった、今まで苦手だった層の顧客に
アプローチしようとしています。

5、その他、生活家電

洗濯機、エアコン、冷蔵庫、レンジなどの生活家電は、新たな機能という
よりも、基本性能の向上と省エネが基本線です。

「洗浄力を高めながら節水、節電する」など、本来の基本機能向上と省エネ
を両立させるのは、相当の努力が必要だと思います。開発者の方々は日夜
苦労されているのでしょうね。。。

松下電器からPanasonicに変わり、より一層の商品強化を図っているのが
よく解りました。

今月は、新しい情報がたくさん入りましたので、来月はそれを次にどう
活かしていくかを考える時間にしたいと思います。

——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!

心・・・本当の強さ(人を幸せにする)
技・・・戦術を磨く(現場第一主義)
体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)
——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − nine =