今日は朝から専務の芝先、玉城と、とある事務所にPC5台納入、LAN環境構築、そして配線の手直しと一日を費やした。
さて今回は、新入社員の田端を紹介します。田端は、先日の売上達成記念食事会ではれて正社員となった若干二十歳のプログラマーです。元々東京に住んでいた彼は、関西人から見ると非常にスマートで、物覚えも早くなかなかするどい視点で物事を見る将来が楽しみな人財です。先日も少し小さめの開発案件を初めてながら、何とか仕上げる所まで持っていき、今後の開発力の底上げに大いに力を発揮してくれそうです。
昨日の経営方針発表会で、今後の新卒採用について話が及んだ際、こういう提案をしてくれた。「採用をマニュアル化し過ぎると枠が出来てしまい、その枠には入らないがエクストに必要な人財を採用できなくなる!また採用には実際に現場で作業する管理者が行っていくようにした方がいいと思います。」という意見だ。入社3ヶ月の社員がこういう意見を方針発表会の場で発言できるのが今のエクストの強みだと思う。
さて、最近登場が多い玉城と田端が正社員になり、エクストの採用者向けメッセージを書いてくれた。もうすぐアップされる予定なのでまた機会があったら見てください。


コメント&トラックバック

  1. KaZ@stst Reply

    素敵ですね☆
    うちは常勤のインターン生と週2程度のインターン生、
    何か会ったときの臨時スタッフと、区分が出来てきました。
    スタッフはインターン生が独自に調達してきて、
    インターン生になるには私の面接で合格を貰うことが条件になります。
    今スタッフの子で、インターンになろうと頑張ってる子がいるという話を聞きます。スタッフはバイト代が出ることが多いのに、無給で働くインターンになろうと頑張っているというすごい世界があります。。。インターンのほうが責任ある仕事があるからということですが、最近の若い力の貪欲さは驚異的です。
    来週から入れる新事務所では朝の8時からの早朝会議を行います。
    またお時間があるときにでも、ご覧頂いてご指導いただければ嬉しいです!

  2. extkinya Reply

    インターンの採用も検討している所ですので、また色々と教えてください!近いうちにお会いしましょう!よろしくお願いいたします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + nineteen =