WEBの業界では、ある分野でシェアNO,1というような会社が結構たくさんあります。

本日来られた携帯分野で活躍するR社は、導入企業1000社で業界NO,1の実績をお持ちでした。

出来て20年経たない若い業界ですので一つ一つの市場がまだまだニッチで、他の業界と比較した時にはまだまだ小さな会社というイメージがあります。

しかし、市場規模が確実に膨らむ分野ですので、3年後、5年後の成長が非常に楽しみです。

現在のニッチメジャーが、未来のメジャーになる可能性を秘めた事業を柱に据えているところに先見の明があると思います。

そうした将来性と業界シェアNO,1の実績が、大手企業との提携や協業といった良い状況を生み出しているようです。

「良い会社はますます良くなり、悪い会社はますます悪くなる」

経営の師匠がいつも言っていたセリフですが、まさに二極化の時代です。

エクストも、これといった事業分野においてニッチメジャーを目指さなければなりません。

そんなことで、日々、新たなサービス開発に余念がありません。

ここ数日は、先日始まったプロジェクトについて、各メンバーから毎日のように質問があります。こうした一体感を維持しながら、より良い環境を自ら創り出していきたいと思います。

“The best way to predict the future is to create it.”

「将来を予測する一番の方法は(自分で)創る事だ。」

ピーター・F・ドラッカー

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在51冊。

「心を高める、経営を伸ばす」稲盛和夫

「すごい人のすごい企画書」戸田覚

——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − seven =