ネット企業とシリコンバレー

ネット企業とシリコンバレー

シリコンバレーの視察に行ってきました。そこで得た情報や感じたことを数回に分けてご紹介します。

【ネット企業の真実】
今、成長したネット企業は莫大なキャッシュを持って戦っています。これまでの企業は時価総額の多くを設備投資などに充てており実際のキャッシュは持っていません。しかし、ネット企業は調達した資金の多くを現金として保有しています。そうした潤沢なキャッシュを使って最先端の技術を持つベンチャーを吸収することで、劇的なスピードでテクノロジを進化させているのです。

Facebookは、当時まだ13名、売上ゼロだったInstagramを810億円で買収しました。Googleは、YouTubeを1800億円、人工知能のDeep mindを500億円など次々に買収し技術やサービスのイノベーションに取り込んでいます。

またこれらの企業はネット上で活動する企業の印象が強いのですが、実際には競争力の源泉となるリアルな資源を持っています。Googleは巨大なデータセンターを持つ世界一のPC生産会社であり、amazonは世界で最も優れた巨大な物流システムを持つ企業であると同時に、世界一のクラウドサービスを提供するプラットフォーム提供企業です。

【シリコンバレーのエコシステム】
そんなユニコーン企業が生まれるシリコンバレーには、世界でも稀なエコシステムが存在しています。世界最高峰の大学を中心とした優秀な人材とベンチャーキャピタル、ベンチャーを育てる大企業、これらの要素が集中する希少な環境があります。

その中で、シリコンバレーのベンチャーキャピタルは場外ホームランだけを狙っています。100社に投資し、1社10年のポートフォリオだけをみているのです。小さなIPOなどもそんなに相手にせず1社が爆発的にうまくいくことで100社はさっさと失敗させるのが当たり前。失敗は貴重な経験と捉え、良い失敗を繰り返すことを求めます。良い失敗とは、「予想したが政治的な理由で失敗した」といったビジネスそのものの失敗であり、逆によくない失敗とは、家族経営で大揉めしたなど、ビジネス以外の失敗を指します。

全ては「スケールするか否か?」つまり人間の活動を最大公約数で自動化できるか否か?それが今、お金を集めるビジネスになっているのです。そういう意味で、人間の活動をキャプチャーする事業にVCによる投資が集まっているのが現状です。

また、秘密厳守主義とオープンイノベーションの絶妙なバランスも大きな特徴です。多くの企業が「ムーンショット」と呼ばれる月に届くくらいぶっ飛んだ実験を行う部門を持ち、その秘密は絶対に外に出ません。しかし、特定の技術分野では絶対機密のもと、協業による実験が繰り返されています。オープンにしないと広がらない、でも秘密は守る。そのバランスが絶妙なのです。例えばGoogleは、等間隔に飛ばした気球で全世界をWi-Fiで結ぶ実験を秘密裏に行い、基礎技術を完成させていると言います。

そうして磨いた技術やビジネスモデルを買い取る大企業がいることが、次々とスタートアップが生まれる大きな要因となっているのです。この流れがある限りシリコンバレーの優位性が続くという仮説が立てられます。

このように、シリコンバレーのエコシステムは絶妙のバランスで成立しており、複製や切り取り、モノマネは無理であり、劣化コピー版を作るやり方は大きく間違っていると言えます。シリコンバレーは自前の地域で処理せず、シリコンバレーとのネットワークを構築し「活用」すべきなのかもしれません。

SONR.開発ストーリー第8回「働く人を幸せにする」

SONR.開発ストーリー第8回「働く人を幸せにする」

創業から様々なサービス開発を重ね、そうやくスタートラインまでたどり着きました。正直、自分たちの情熱が向く方向へ進んでいくことは簡単なことではありませんでした。メンバーには、それぞれの立場があり、ポジションがあり、価値観があります。それをひとつの方向に向けることに多くの人が頭を悩ませていると思います。それを解決したのは、「私たちが作っているサービスが、世の中にどのように貢献するのか」ということに対する意味付けでした。

どんな人にも共通に存在する価値観があると言います。アリストテレスは人生の目的をこれ以上分解できないところまで掘り下げるとそれは「幸福」であると説いたそうです。幸福の形は人それぞれですが、「幸せになりたい!」と考えていることについては共通の価値観ではないかと思います。

そして、すべての仕事は誰かのお役に立つこと、つまりは幸せのためにあると思います。そう考えれば「働く」ということは人の幸せを作りだしていることに他なりません。しかし、現実はどうでしょうか?人の幸せを創っている本人が、その仕事において疲弊しているのが現代の大きな社会問題ではないかと思います。

情報化社会は洪水のような情報を生み出し、その処理のためにスピードが求められ、結果として長時間労働が生まれ、日本は世界の中でもとても低い生産性に苦しんでいます。私たちは、このサービスが一人でも多くの人の仕事を良くすることを共通のミッションとしてから、社内のベクトルが自然と一致してきたと感じています。メンバーのモチベーションは高めるものではなく、高まるものでなければならないと思います。

そこで私たちは自分たちのミッションを「ITの力で働く人を幸せにする」としました。SONR.(ソナー)は一人でも多くの方の生産性を高め、幸せな職場が実現できるよう開発に取り組んでいきます。

ミッション
働く人を幸せにする
~マネジメントの目的は働く人を幸せにすること~

マネジメントの父と言われたピータードラッカーは、仕事を通して働く人々が幸せになることがマネジメントの本質であると考えていました。そして、その為には「人」と「仕事」を最適化する必要があると説きました。その仕事に関わる人々が成果を上げられる環境を作り上げるのがマネジメントの本質なのです。私たちはこうした思想を受け継ぎ、自らの創造性と卓越した技術をもって、働く人々の幸せにつながるマネジメントサービスを生み出し続け、自らがその実践者たらん事をミッションとします。

AIが創り出すもう一つの波

AIが創り出すもう一つの波

【AIの驚くべき進化】
囲碁の世界チャンピオンを破った「AlphaGo」の話題が世界中の注目を集めました。AIがついにここまで発達したのかという驚きと人間の認識が追いつけないほどの進化に一種の恐怖、危機感を覚えた人も多かったのではないでしょうか?

ところがこのお話には続きがあります。

その後、「AlphaGo」は新しいアルゴリズムを採用し「AlphaGo 0(ゼロ)」として生まれ変わりました。そして、この新旧対決が行われたのですが、その結果はなんと「100対0」で「AlphaGo 0」が勝利したというのです。

しかもこれまでのAIでは、プロ棋士による過去の対戦データを大量の学ばせた上で4000万回の自己対戦をさせたのですが、新しいAIは「ルールを教えただけ」で、その後1500万回の自己対戦を行っての勝利だったのです。

まさに専門家も驚くほどの飛躍的な進化です。そして、専門家いわく、どのようにしてそれを学んでいるかの因果関係が全く解っていないというのです。

【ビジネスとは生産性向上の歴史】
こうした技術の発達により「10年〜20年後には47%人の仕事がなくなる」という衝撃的な論文を発表したのがオックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授です。

にわかに信じがたい情報ですが、振り返ってみればこれらは過去何度も繰り返されてきた出来事でもあります。例えば電話を見てみれば、昔は交換手が受けた電話をどこにかけたいかの情報を元に通信線を差し替えていました。それらはコンピューターの発達とともに淘汰され、20万人以上の雇用が失われました。あらゆる仕事は技術の発達とともにより便利に、より手軽になっていく、つまり生産性が向上する。それがビジネスの源であり人類の進化でもあったのです。

そして現在、その進化の担い手になっているのがAIなのです。

【本当の進化はIAによって行われる】
AIは多くの仕事を奪うと言われています。AIによる自動運転が広がればドライバーと名のつく職業は淘汰されるでしょう。AIロボットの発達により、交通整理やコンビニや居酒屋などの店員さんなど、様々な業界で大きな変革が起きます。その時、失われる雇用は膨大な規模になるでしょう。

しかし、AIがもたらす本当に大きな波はIAだと言われています。IA(Intelligence Augmentation)とは「知能増幅」を指します。これは、高度な技術や知識を要するものをAIの力で誰でも簡単に活用できるようにすることです。例えば手術や弁護士、熟練工の手工業、飛行機のパイロットなど、高度な仕事を素人でも扱えるようにする活用方法を見出すのです。この事で、一部の人しかできなかった職業が多くの人の仕事になる、つまり職業選択の幅が広がるという考え方です。

今後、人工知能のディープマインドは、驚くような低価格で多くの人が利用できるようになるでしょう。最先端の人工知能を多くの人が利用できるようになった時、どのような未来が訪れるのか?

ピータドラッカーの言葉がこれからの道しるべになるのではないでしょうか?
「未来を予測する最良の方法は自ら創り出す事である」

SONR.開発ストーリー第7回「プロダクトポリシーの誕生」

SONR.開発ストーリー第7回「プロダクトポリシーの誕生」

新商品開発では、機能や仕様が目まぐるしく変化していきます。そして多くの労力は「削る」ことに費やされました。「本当に必要な機能は何か?これさえあれば製品として成立する部分はどこなのか?」つまりは、「製品としてお金を頂けるラインはどこか?」について、連日ディスカッションが行われました。

もちろん、お客さまによって欲しい機能は異なりますし、その引っ掛かりが多ければ多いほど、成約に近づくと考えるのが普通です。しかし、「SONR.(ソナー)」の開発現場では、そのような考え方はまったく評価されません。「できる限り機能を少なくする」。これが大きなテーマになっています。

そして、その考え方が正しいと確信できる出来事が起こり始めたのです。それは、ベータ版の提供を始めてすぐに訪れました。導入したお客さまに利用の感想を頂くと、必ずと言っていいほど帰ってくるセリフがありました。

それは、「とてもシンプルで使いやすい」「簡単に使える」という言葉でした。普段からパソコンを中心に仕事をしている人にとっては物足りないことも、そうではないお客さまにとってはシンプルというキーワードがとても重要であるということを実感したのです。

そんな体験を繰り返すうちに開発現場において「とにかくシンプルで簡単に」というフレーズが聞こえるようになりました。そうしてSONR.(ソナー)のプロダクトポリシー「もっともシンプルでもっとも簡単な」が誕生したのです。

プロダクトポリシー
「もっともシンプルでもっとも簡単な」
~複雑なものは上手くいかない~

なぜシンプルでなければならないのか?その答えは「複雑なものは上手くいかない」からだと私たちは考えています。プロダクトはアイデアの集合体。様々な視点、観点から放たれた要望はプロダクトをより複雑な方向へと導いていきます。私たちは世の中のニーズをよりシンプルに理解し、システム設計やデザインに至るまでをよりシンプルにアウトプットするようにチームのベクトルを合わせます。ユーザーにとって使いやすくよりお役に立つプロダクトを提供し続けていきます。

すでに起こった未来

すでに起こった未来

【平均寿命が延び続けている】
日経新聞に日本人の平均寿命が5年連続で延びていると言う記事が公開されました。
「平均寿命、男女とも過去最高更新 女性87.14歳 男性80.98歳」日本経済新聞

医療の発達によって今後、人間の平均寿命は100歳を超えると言うデータもあります。

これまでの生活設計では60歳で定年退職し、その後は年金で暮らすというプランが一般的でしたが、定年年齢は65歳になり今後は段階的に延長される事が予想されています。同時に、今後支給される年金は減少の一途を辿り、最後は「働きながら一生を終える」ことが当たり前の時代がやってくるかもしれません。

こうした未来に向けて国としての抜本的な対策を期待することは大切ですが、私たち個人は何を考えどのような準備をしていけば良いのでしょうか?

【働くことに対する意識変革】
このような時代の変化を目の前にして、まず大切なことは働くことに対する考え方を見直すことではないでしょうか?

マーケティングの大家であるコトラーは、マーケティングのステージは1.0から始まり、現在4.0に差し掛かっていると指摘しています。「オンラインとオフラインの相互作用により、仕事は労働から自己実現に変化した。今、選ばれる会社は「目的と情熱」を持っている会社だ。」インターネットの普及により、多くの人が成功へのステップを容易にイメージ出来るようになったことで、自己実現を意識した生き方に価値観が変容してきている。そこで、従業員も顧客も企業の価値観や使命、ビジョンといったものを選択の手掛かりとして重要視しているというのです。

これから主役になる若い世代は顕著にこの傾向が表れているのでないかと思います。もちろん待遇や安定性は今後も重要な指標にはなりますが、それだけでは今後、雇用の確保は難しくなっていくのではと感じます。

一方、これから60代を迎える多くの方々が長い老後をどう過ごすかを考えた時、社会との繋がりはとても重要です。働くということが単なる労働ではなく自己実現につながるものであれば、それは非常に重要な老後の選択肢になりえます。

【すべての仕事は知的労働に向かう】
今後、ロボット技術やセンサー、AIなどITの発達によって、単純労働がどんどん置き換えられていきます。考えなくてもできる仕事はなくなり、人にしかできない、人の方がうまくそれを行える仕事が残るでしょう。つまりそれは「知的労働」と言われるものです。

自らを社会生態学者と名乗ったマネジメントの父、ピータードラッカーは「知的労働者」の社会が来ることを予測していました。そして知的労働者について、「知的労働者は監督することができない。だからこそ、成果を上げるべく自らをマネジメントしなければならない。」と言った趣旨の見解を述べています。

私たちは考えることをやめてはいけません。

自らを律し、生き抜く知恵を身につけて行く、そんな人が100歳時代をたくましく生き抜いて行くのでしょうね。

【すでに起こった未来】
マネジメントの生みの親と言われたピーター・ドラッカーは未来についてこんなことを語っています。

「われわれは未来についてふたつのことしか知らない。ひとつは、未来は知りえない。もうひとつは、未来は今日存在するものとも、今日予測するものとも違うということである」

ではどのように未来に向けて準備すれば良いのでしょうか?それは「すでに起こった未来」について考えることだと言います。

すでに起こった未来とは、ある年に生まれた子供がハタチになる時の人数は、その生まれた人数を超えることはないというように、ある程度確定した未来について考えるということです。

少子高齢化は、随分前から予測できた傾向ですが、それに対してどれだけの備えをして来たのか?を問われます。現行の社会保障制度では今までのような老後のプランは描けない中で、今からしっかりと準備をする必要があるのです。

同時にこの問題を解決する方法を考えることができれば、それは凄まじいイノベーションになるはずです。

すでに起こった私たちの未来。働くということを真剣に考え直す時かもしれませんね。