背中を押す

仙台経営研究会にてITセミナーを開催させていただきました。

昨年の10月にも開催し、今回で2回目という事で続編として内容一新で臨みました。

その間、東北地方の大震災が発生し、大変心配していましたが6月から活動を再開するということでお声掛け頂いたのですが、「そんな大事なタイミングで私で良いんですか??」と何度も確認させて頂きましたところ、「活動再開1発目は高畑さんで!」という藤原会長、小野寺前会長の言葉に背中を押されて、僭越ながら講師をお引き受けいたしました!!

空港に着くなり、積みあがった瓦礫や流された車の山、大破した住宅を目の当たりにし、現実の凄まじさに圧倒されてしまいました。

複雑な想いを抱きながらも、準備してきたことをする以外にないと心に決めてセミナーをスタートしました。

すると途中、震度4の地震が発生。会場は一時騒然となりましたが、「続けましょう!」との会場の声で何とか最後まで務めることができました。


嬉しかったことは、お越しになられた複数の方から「前回のセミナーを聞いて、○○を導入しました!」「背中を押していただいて○○を始めました!」という声を多数いただいたことです。

こういう声を聞くと、大変だった準備や構想の時間が一気に報われる想いです。

その後の懇親会でも、質疑応答や感想発表なども大いに盛り上がり、私が元気をいただくことができました。


また翌日は、被害の大きかった石巻市や女川町などを見て回りましたが、その被害の大きさ、瓦礫を撤去するトラックの大渋滞を見る限り、まだまだ大きな、また継続的な支援が必要なことをヒシヒシと感じました。


たくさんの事を感じた仙台でしたが、その中でふと気付いたことは、「人は皆お互いの背中を押しあって生きているんだな」ということです。

そして多くの人の背中を押している人は、同じように多くの人から背中を押されているんだということ。

人間は弱い。いや、私は弱い。

だからこそ人の力が必要だ。

たくさんの人の背中を押せるような人間になりたいと、今強く想います。


頼まれごとは試されごと

仕事のできる人、経営者であるなら良い会社を創る社長を見ていると共通して言えることがある。

それは「一歩深く踏み込む」ということだ。

そんな事を改めて感じるエピソードがあった。

来週から名古屋出張に出るのだが、現地にて25名程度の懇親会を開催することになり、お世話になっている名古屋の社長さまに良いお店がないか電話をさせていただいた。

私としては、お店情報を頂ければあとはこちらで手配するつもりだったのだが、ちゃんと予約まで入れてくれていたのだ。


頼まれたことはできる人
頼まれたこともうまくできない人
頼まれたことにもう一歩踏み込んでより良い成果を出す人
頼まれたことを拒む人

同じ頼まれごとでも、その捉え方によって大きく人生は変わるでしょう。

「頼まれごとは試されごと」

という言葉を以前講演で聞いたことがあるが、そういう心構えで生きている人には自ずと人が集まり、人に満たされる豊かな人生を送ることになると感じます。


私はと言えば、まだまだと言いますか全然と言いますかお恥ずかしい限りです。


私も人のお役に立てる人間になれるよう生きていきたい。


Facebookで起こった変化

今年に入ってFacebookの勢いを感じる日々ですが、誕生日を迎えて尚のことその変化に気づかされました。

昨年はTwitterがブレークしましたが、正直私の周りはIT世代ではない方々が多くて、個人的にネットワークの広がりみたいなものを感じることができませんでした。

ところが今年の誕生日は非常にたくさんの方々からお祝いメッセージを頂いて最高でした。

遠方の方や面識の少ない方、古くからの知人や先輩、後輩など、とても幅広い皆さまから「おめでとう!」を頂戴しました。

やはりFacebookの実名主義というのが、今までネットに懐疑的だったユーザーには逆にクリーンでリアルなコミュニティーとして認識されているのだろうと思っています。

「知り合いがやっているなら」「あの人がいるなら安心」「コミュニティから外れたくない」といった人間の欲求みたいなものを引き出しているのかもしれません。

私もそのひとりです。Facebookはとても楽しく感じます。

そのうち、何らかの問題も発生するでしょうが、顔の見えない世界よりリアルな関係の延長であるFacebookの可能性に好奇心が抑えられません。

そんなことも感じつつ、ケーキ5つも食べてしまった今年のバースデーは、激太りの予感がいっぱいです(^^)。

社員さんからはケーキと寄せ書きを!嬉しい!


なんと、一緒にシャツを買いに行ってくれる券が!!
つまり、シャツがイマイチと思われているのだ!!


仲良しの先輩経営者からもケーキ頂きました。
まだまだほろ酔い・・・。


それだけでは終わらず、後ほど一気飲み(汗)。
数分後、ベロ酔い・・・。

ウィ~!!

皆さん、ありがとうございました(^^)。


初体験

生まれて初めて街頭募金活動に参加しました。これまでも、阪神大震災や中越地震などの災害はあったが、今回の大震災に関してはこれまでとは違った感覚が私の中にありました。

と言うのも、つい先月まで仙台にある感動コーポレーションの小野寺大くんを1年間お預かりしていたことや、昨年11月に仙台にてITセミナーを開催したこともあり、遠くの大震災が自分の身内に振りかかった災難のように思えたのです。

初めて街頭に立ってみると、小中高生が友達と一緒に、時にはひとりで募金していく姿をみて、今回の震災がいかに多くの人に影響を与えたかを垣間見た気がしたし、そういうお子さんを育てた親御さんの教育は素晴らしいものだなと勝手に感心してみたり。

エクストでも、隔月で発行しているニュースレター「EXTIMES(エクスタイムス)」では、震災復興応援号として今回の震災にまつわる記事をA3表裏の増刊号として発行させていただいた。被災地の皆さまが、いち早く平穏な日々を送れることを願うばかりです。

そんなことがありつつも現場は日々進んでいく訳で、今週の14日には北九州の小倉にてITセミナーを開催します。

http://www.ext.ne.jp/seminar/20110414/

お陰さまで、100名を超える申し込みを頂いており会場は超満員になる予定と主催者からご連絡があった。気合い十分で準備を進めているが、インターネットの世界はとにかく流れが早い。半年前の講演資料の半分は新しいものに置き換わり、講演者の自分が一番勉強していると一挙両得感を味わっています。

ここの所、髪を切りに行く時間もなかったためぼさぼさだったのですが、人前に立つのにこのままではいけないと思っていた矢先、友人に「椎名結平みたいなんがええんちゃう?」と勧められたんですが、ピンとこないのでメールで画像を送ってもらった。



かっこええやん!

ということで、いつもお願いしている美容師さんに画像を見せて

「こんな感じにして!」

と駄々をこねてやってもらった。

仕上がりもなかなかで大満足で家に帰ったのだが、次の日セットしても同じように出来ない(涙)。

まぁ、元が違うんやから仕方ない・・・。

生まれて初めてやって欲しい髪形を持参したけれど、こちらは苦い思い出になりそうな予感が・・・。

何にせよ、小さなことでも新しいことに日々取り組んでみることが人生を豊かにする秘訣かもしれないですね。


日本がどんどん好きになる

エクストでは、仙台の感動コーポレーションから研修生をひとりお預かりしています。

現在、会社のメンバーの無事は確認できたものの、実家の石巻市にいるお母さんとお婆ちゃんとは音信不通状態にあるようです。

また会社のビルも大きな損傷があり、更に隣の立体駐車場が寄りかかっているとのことで、余震の続く中、不安な毎日を送っておられると、阪神大震災を思い出さずにはいれません。

先日、余命2年。残された時間をあなたならどう生きるか?というエントリーをしましたが、改めて命の儚さ、大切さ、尊さを感じずにはいられません。

ある日突然、その人生を終えることの無念さ、また大切な人を失ってしまった家族や友人の心痛たるや、想像しただけで胸が痛くなります。


地震発生から、TwitterやFacebook、YouTubeなどで次々と被害状況の報告や映像、避難場所の情報、対策の留意事項などが流れてくるのを見て、私たちが関わるITというものがいかに大きな役割を担っているかを再確認することができた。

また多くの企業や個人が、今回の災害を受けて善意の意思決定を速やかに行っているのをみて、日本という国に生まれ育ったことの誇りを感じずにはいられません。

ソフトバンク ⇒ メール送受信を一定期間無料化

家庭の医学 ⇒ 復興に向けてiPhoneアプリの無料提供開始

節電の取組 ⇒ 「ヤシマ作戦」開始

被災地での生活を助けるデザインやアイデアを集めるwiki 「OLIVE」 — 生きろ日本



また世界の方々からの声援も温かい

Twitteを通して世界中から声援の声が

ウォールストリートジャーナル「不屈の日本」


日本という国に生まれて本当に良かった。日本、大好き。


現状はまだ被災中と言わざるを得ません。

これから長い長い復興が始まります。

私にできること、エクストにできることを考えて取り組んでいきます。