組織における4つの視点

階層型組織には例外なく4つの視点が存在する。それらは交わることがなく、時にはせめぎ合い、時には相乗効果をもたらしながらその組織と共存する。

その4つの視点とは、
1、社長的視点・・・重要な決断を行う意思決定者としての視点
2、幹部的視点・・・決定事項の推進役としての管理者の視点
3、社員的視点・・・現場の最適化を主として考える現場の視点
4、経営的視点・・・全体的、論理的、客観的な思考による視点
である。

上記の4つは、それぞれが現在置かれた環境やその時々の立場によって作られるものであり、各自のスキルや経験はほとんど機能しない。つまり、たとえ百戦錬磨の社長であろうとも、ひとたび一般社員になれば、社員的視点で物事を見るようになるという事である。異業種交流会などに行けば、全員がどこかの会社の社長、幹部なのに、その組織でのポジションによって一般社員や中間管理職の視点になっているのを見ればそれが良くわかる。

逆に、一般社員が社長になったならば、それまでの事は無かったかのように社長的視点で物事を見るようになる。後者については、ほとんどの社長が社員、幹部を経験して社長になったにも関わらず、社長になった途端に部下の価値観が理解できなくなる事例は事欠かない。

このように、人間は環境の生き物である事が解る。それ故に、今の自分にとっての最良を求めるという事になんら不思議はないし、それそのものに何ら問題はない。むしろその視点の差が組織の秩序を保っているといっても過言ではない。この事実を受け止めた上で4つ目の視点に話題を移したい。

経営的視点とは、前述した通り、「全体的、論理的、客観的な思考による視点」である。言い換えれば、「部分最適ではなく、数値や証拠を元に第3者として冷静に物事を判断する視点」と言える。つまり、部分ではなく全体、自己ではなく他己、願望ではなく現実に従って物事を見るという事である。

他の視点は決して交わることができないが、この経営的視点だけは誰もが持つことができる唯一の視点であり、立場を超えて共有化できる価値観なのである。

ではどうすれば経営的視点を社内に浸透させることが出来るのだろうか?

それは、「目的・目標の明確化と共有化」と「モチベーションの向上と維持」、そして「情報の共有化」である。理念、ビジョン、使命、方針などの明文化はまさにその第一歩であり、組織の意識をいかに遠くに向けるかが大切と言える。

目の前の事に囚われるのではなく、理想やビジョン、ミッションといった遠くのものに目を向ける事が「全体的、論理的、客観的な思考による視点」に近づく最も有効な方法なのである。

その為にトップは十分な経営知識を組織に与えなければならない。社内外における重要な情報を社内に共有しなければならない。同時に自ら学ぶ自立した組織を創らなければならない。

その為には、まずトップ自らが学ばなければならない。トップ自らが経営的視点を獲得しなければならない。それなくして、幹部や社員が経営的視点を持つことなどありえない。まさに組織の成果はリーダーで決まると言えるのである。

(2015.7.2 リライト)


営業は林業

ここの所、セミナーや商談、勉強会などで全国各地にお邪魔しておりますが、その中でたくさんの方にお会いする機会を頂いております。

先日、石川に行った際にすごく含蓄のあるお言葉を頂いてハッとしました。

それがタイトルの

『営業は林業』

という言葉です。

営業形態には、狩猟型、農耕型などと言われます。昨今では、ハンタータイプの営業スタイルより、時間を掛けて営業基盤を築く農耕型が良しとされているのが一般的となりました。

それに対して「林業」という概念は衝撃でした。

「林業は自分の蒔いた苗木を孫が刈り取る。営業というものは自分の代に成功することを考えるんじゃなくて、未来の繁栄に向けて行うものでなければならない。目先の利益にとらわれず、目の前のお客さまの満足を追及して行けば必ずその周りやお子さんの代になった時に帰ってくるものだ。」


その方は、北陸で16,000棟以上の建築実績を誇る北陸ミサワホームの林会長さまで、第1次南極越冬隊の越冬隊長で東芝にて真空管を開発した科学者でもある西堀栄三郎さんの愛弟子だそうです。ベトナムの子供たちを支援する里親制度を作った方でもあります。

西堀栄三郎さんに教わったことや創業秘話、上場させた会社を買い戻して上場廃止させた話や真相は聞いててワクワクしました。

歯に衣着せぬ語り口と飾らないお人柄に触れファンになってしまいました!

北陸には敬愛する経営者がたくさんおります。不思議な縁を感じます。


経営理念と社風の関係

そもそも経営理念とはなんでしょうか?これには様々な定義が存在しています。

理想を念ずる、理論に基づいた信念、企業の根本となる価値観などなど多くの解釈があります。どれも間違っていませんし、何かを正解とするのも違うと思います。言い換えれば、大きくズレなければ独自の解釈でも差支えないと言えます。そこでエクストでは、「理念とは理想像である」と定義しています。

つまり、

独創・・・ひとりのidea みんなのvalue
協働・・・人を尊重し、自分を好きになる
挑戦・・・成功するまでやり続ける
という価値観を理想としていこうと言っている訳です。

私はこうした理念は、明文化する、しないに関わらず全ての会社に存在していると考えています。そして、その価値観は知らず知らずのうちにその会社に浸透し、独自の文化を形成していきます。

それが「社風」です。


よく「人はルールには従わないが社風には従う」と言われています。

人と人との関係で社会が成り立っている限り、その組織やコミュニティが持つそれぞれの雰囲気や暗黙のルールは、まさにこの社風が創りだしているのです。

そして会社の盛衰はこの社風にかかっていると言っても過言ではありません。

なぜならば「企業は人なり」と言われる通り、どんな会社もそこで働く人々の能力の発揮によって新しい商品の開発や高いサービス品質が作られるからです。

つまり、企業の成否は健全な社風が大きなポイントであり、その社風の源泉となるものが理念ということなのです。

そして、企業における経営理念の役割とは、自社の求める価値観を明文化することでその意識を統一し、そこに働く人々の能力を最大限に発揮させる環境を創りだすことなのです。

しかし、理念を掲げたからといって勝手にその社風が出来上がる訳ではありません。

その理想を実現するために必要な制度、取り組み、行動規範、組織、教育プラン、評価制度などが絡み合うことが重要です。

そして何より、組織の長たる私自身がその生き様で理念を体現し、それが幹部の言動となって表れていくことが大切だと思います。私自身、まだまだ体現者になれていないと反省の日々ですが、創業以来、理念に対する考え方はまったく変わっていません。

今年は、特に理念を意識し独創的な視点で、みんなと協働し、新しいことにチャレンジして行きたいと思っています!!


2011年の社長ブログを振り返ってみる

今年は本当にブログ更新が疎かになり反省しきりの一年でした。ふと今年のブログを読み返してみると、改めて気づかされることが多かった。

ということで目を引いた5つの記事をご紹介します。


「見栄はいかんが意地は張れ!」
経営者となれば人に言えないような出来事に何度も遭遇するものです。その時こそ試される時。山本五十六の男の修行を噛みしめた日となりました。


オンリーワン経営の弱点
外部環境の変化が目まぐるしい現在。コアコンピタンスやオンリーワン経営を根底からくつがえすパラダイムシフトを感じた瞬間。身が引き締まります。


心のスイッチ
自らの至らなさを感じて落ち込みながら天性の肯定思考?!を暴露したブログ。反省だけでは生きていけないのだ!!



余命2年。残された時間をあなたならどう生きるか?
恩師の生き様から人生をどう生きるべきかを学ぶことができました。追悼の意を込めて。


商品と理念
企業の本質的な意味について考えてみました。企業の価値は商品サービスに込められるものである。


背中を押す

仙台経営研究会にてITセミナーを開催させていただきました。

昨年の10月にも開催し、今回で2回目という事で続編として内容一新で臨みました。

その間、東北地方の大震災が発生し、大変心配していましたが6月から活動を再開するということでお声掛け頂いたのですが、「そんな大事なタイミングで私で良いんですか??」と何度も確認させて頂きましたところ、「活動再開1発目は高畑さんで!」という藤原会長、小野寺前会長の言葉に背中を押されて、僭越ながら講師をお引き受けいたしました!!

空港に着くなり、積みあがった瓦礫や流された車の山、大破した住宅を目の当たりにし、現実の凄まじさに圧倒されてしまいました。

複雑な想いを抱きながらも、準備してきたことをする以外にないと心に決めてセミナーをスタートしました。

すると途中、震度4の地震が発生。会場は一時騒然となりましたが、「続けましょう!」との会場の声で何とか最後まで務めることができました。


嬉しかったことは、お越しになられた複数の方から「前回のセミナーを聞いて、○○を導入しました!」「背中を押していただいて○○を始めました!」という声を多数いただいたことです。

こういう声を聞くと、大変だった準備や構想の時間が一気に報われる想いです。

その後の懇親会でも、質疑応答や感想発表なども大いに盛り上がり、私が元気をいただくことができました。


また翌日は、被害の大きかった石巻市や女川町などを見て回りましたが、その被害の大きさ、瓦礫を撤去するトラックの大渋滞を見る限り、まだまだ大きな、また継続的な支援が必要なことをヒシヒシと感じました。


たくさんの事を感じた仙台でしたが、その中でふと気付いたことは、「人は皆お互いの背中を押しあって生きているんだな」ということです。

そして多くの人の背中を押している人は、同じように多くの人から背中を押されているんだということ。

人間は弱い。いや、私は弱い。

だからこそ人の力が必要だ。

たくさんの人の背中を押せるような人間になりたいと、今強く想います。