今日からバリューシェアグループのグループマネージャーを兼任することに
なりました。

バリューシェアグループは、アフターサービスをメインとした部署で、
日々、サイトの改善活動を行っています。

今後の展開として、創客を実現する実力を蓄え、当該分野でNO,1を目指す上で、
この部署は非常に大きなポイントになります。

そんなことで早速、グループミーティングを行い、今後について話をしました。

現状の問題点として、2点が挙げられました。
1、情報共有のためのミーティングがどうしても多くなる
2、新しい取り組みが多く、業務のルーチン化が進まない

そこで、今回から定期ミーティングを廃止しました。

本当に必要な情報は、必要な人が、必要な時に、現場で得れれば十分です。
その分、業務の時間に費やしたほうが良いという判断です。

次に、独断でルーチンワークを決めました。

いつ、誰が、何を、どのようにするか?

これが決めれる仕事は、すべてルーチンワークです。

どうすれば良いルーチンになるかを考えていたら、「こんな場合実行できない!」
といった非ルーチンの業務が顔をだして、いつまでも決まりません。

非ルーチンの仕事は、重要度や優先順位が高いものが多く、それを基準に判断
すれば、いつまでたってもルーチンなど出来ません。

考えるべきは、非ルーチンの処理であり、ルーチンはいったん決めて、実行し、
問題があれば変えれば良いのです。

効率化を考えるあまり、実行が遅れることの方が、実際は何倍も非効率なんです。

ということで、明日からもバリバリ現場に参戦です!

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在69冊。

「負けるが勝ちの逆転ゲーム理論」逢沢明

—————————————————–


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − five =