成功発想の研修に参加。

講義の中で、受講生が新規事業について質問された。

5年構想で新事業を模索するようで、3年で情報収集や検討を行い2年で構築

する計画だそうだ。

正直、5年前、早くても3年前の情報など役に立たないと感じたし、事業にとって

スピードは重要項目のひとつである。

チャンスと見るや素早く展開してこそ中小企業の強みも活かせる。しかし、ある

銀行のデータによると、資源の少ない中小企業は認知が広がったころに参入

する方が利益がでるというデータもあり、ここに定形化された成功の法則はない。

何を行うか?いつ行うか?は新規事業における重要ない意思決定課題である

ことは間違いない。

ふと考えてみると、新規事業は人との出会いに似ている。

そこには、理屈だけでは言いつくせない「縁」のようなものがあると感じる。

そもそも、事業自体が「人の縁」で成り立っていることから考えると、良縁を

待たずに新たな事業に着手してはならないとも言える。

来るべき時に、出会うべくして会うのが「人」と「事業」なのかも知れない。

そう考えると、良縁を引き寄せるのは社長にとって非常に重要な要素では

ないだろうか?

お客さまや取引先、そして仲間がどんどん集まるような魅力ある人間になる

ことがすべてに先駆けて大切だということになる。

そのための心技体となるよう努めたい。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + eight =