昨年、プレゼンテーション大会に出場した時に、題材として選んだのがスティーブ・ジョブズでした。

大学生時代からiPhone4を発売するくらいまでを調査しながら、これというエピソードをピックアップし自分なりにまとめたものをプレゼンさせて頂きました。お陰様で優勝しました(^^)。

その中でもっとも印象に残ったのが、スタンフォード大学の卒業式でのスピーチでした。

今では、各地で講演させて頂いた最後に紹介するほど大切な教訓となっています。

もう2度とそのプレゼンを見ることは出来ませんが、 初めてこのスピーチを聞いた時の心にジーンと響く気持ちは忘れることはないでしょう。

ありがとう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 10 =