物質は、圧力をかけることで形が変化していく。その圧のかけ方や
強さ、スピードによって、その形は千差万別の様相を呈する。


組織もまったく同じことが言えると思う。

外部環境変化のおこり方によって、急成長したり、鈍化したり、
急転直下で業績が低下したり。


しかしそこでは内部からの圧力も考慮しなければならない。

内部からの圧力によっても、組織の状況は変化していくのだ。

組織は内部から崩壊すると言われるが、外部環境に左右されない
強い会社を作るのもまた組織である。

外部環境の変化に合わせて、会社をどんどん変化させていくことが
できれば、この時代にも生き残ることができるだろう。


そこで考えなければならないのが、どんな圧力を社内にかけるのか?
である。

この圧力のかけ方が、組織を崩壊させ、成長もさせると考えると、
これは経営者にとっては非常に大きな意思決定のひとつと言える。

そういう観点で社内のマネジメントを見直してみると、いかに行き
当たりばったりのルールが多いことかと気付くことができる。。。


先日、お弁当の容器で国内NO,1シェアのT産業にお邪魔して、
社内の取り組みを見学させていただいたが、非常に強い圧力で
社内の改革に取り組んでおられた。

その成否がどうでるかは解らないが、社内がめまぐるしく変化して
いる様は、明確に感じることができた。

トップの強烈なリーダーシップが幹部や一般社員さんに伝わり、
必死に日々の業務改善に取り組む姿は、圧倒的な業界NO,1企業
というようなおごりや油断は微塵も感じられなかった。


圧力と変化。


理想の組織を作るために、どんな圧力を会社にかけるのか?

面白いテーマが見つかったと思います。


——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2010年度テーマ!
1、歴史に学ぶ・・・歴史の本を読み漁りたいと思います。12冊。
2、アグレッシブ・・・5サービスリリースと露出度のアップ。
3、新たな趣味を・・・ジムに通う。写真を始める。
——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − six =