今日は朝はエクストの全体ミーティング。
夜は小売会社の経営計画進捗会議。
いずれの会議でも伝えたことは、
「方針を決めても実行しなければ結果は変わらない!」
ということです。
ひとつひとつの方針は、メンバー全員が納得し「やろう!」という意気込みを
感じます。
しかし、それを実行するにはいくつもの壁を越えなければいけません。
ここ数日、ブログにも書いていますが、実行力なくして成果はないのです。
私は、そこに仕事の醍醐味があると考えています。
できることだけを毎日こなしているだけでは、仕事のなかにワクワク感
は生まれません。
同時に、達成した喜びもないでしょう。
毎日コツコツ仕事をこなす能力は、とても重要な能力で社会人として
必要なものです。
大切なのは、「何をコツコツやるのか?」であり、そのひとつひとつに
目標と意志をもつことです。
そのことで、毎日のコツコツである点と点が結びついて線になり、それが
更に広がり、面になり、高さ、深さ、奥行きという人としての魅力につな
がっていくのではと思います。
そう考えると、職場は人間形成の場だなと改めて感じます。
先日読んだ、某営業支援会社の社長の本に、
「職場で教えるのは職能スキルであって、人間形成は学校でやればいい」
と書かれていて違和感を感じたのですが、その理由が自分なりに解りました。

ハーバード大学のロバート・カッツ教授は、管理者に必要な3つのスキルとして
・テクニカルスキル(業務遂行能力)
・ヒューマンスキル(対人関係能力)
・コンセプチュアルスキル(概念構築能力)

の3つをあげていますが、すべての階層のマネージャーにとって必要なスキルと
してヒューマンスキルをあげています。
これを、職務上必要な対人関係能力と解釈する人もいると思いますが、実際の
現場でいきる人間力は、健全な価値観によってもたらされると感じます。
企業は人なり
まずは自分が人間力を高めなければです!

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!
心・・・本当の強さ(人を幸せにする)
技・・・戦術を磨く(現場第一主義)
体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)
——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + ten =