経営者の勉強会に出席。

参加者全員が経営について真剣に討議する非常に良い時間でした。

勉強会では、「理念と経営」という経営誌を元に、用意された設問に
答えていきます。


その中で、今回、取り上げられたとある企業の話題で盛り上がった。

その会社は全国的にも有名なカーディラーで、過去にベンチマークや
社長さまの講演を聞いた人が多数いて、それぞれ感じたことを発表
しあいました。


雑誌の中では語られていないエピソードがどんどん出てきて、非常に
深く学ぶことができたのですが逆に考えれば、私たちが普段触れて
いる情報は常にどこか欠落していて、ある側面だけを捉えて物事を
把握しているのだ。


100%完成された情報に出会うことなど絶対にありえない。

私たちは、不完全な情報を理解し、判断し、意思決定の素材として
活かしていく必要がある。


その為には、頭の中にある膨大な知識を検索し、結びつけたり、
分解したりしながら、自分なりの推論を組み立てなければならない。


これはスキルだ。


日頃から、物事を深く考える習慣を身につけることが、ここぞという
時に自らを助けてくれる武器になる。

考えることから逃げてはならないと感じる今日この頃です。


——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!

心・・・本当の強さ(人を幸せにする)
技・・・戦術を磨く(現場第一主義)
体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)
——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + five =