セミナー最終日。
3日間のセミナーで一番印象に残ったのが、
ネッツトヨタ南国の横田社長の講演。
トヨタディーラーの中でも、ずば抜けた顧客満足度を誇るこの会社は、ES(従業員満足)をベースに、素晴らしいCS(顧客満足)を実現しています。
「真のESは厳しい」
という言葉のとおり、悩み続けた結果、哲学にまで昇華している人材育成論は非常に参考になりました。
百聞は一見に如かず百見は一体験に如かず
すなわち、「何度言ったら解るんだ!」と聞かれれば「一万回です。」と答えればいい。
体験に勝る人財育成はないのだ。
しかし、ここで終っていない。
効果的な体験をさせるための仕組みが、社内のあらゆる場面に設定されているのだ。ローマは一夕にしてならずである。

次に感銘を受けた言葉。
一番大切なことは、一番大切なことを、一番大切にすること。
「最近、一番大切にしていることを、あなたはどう大切にしましたか?」
素朴な言葉、素朴な質問は、時に大きな気付きを与えてくれるものです。

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!

心・・・本当の強さ(人を幸せにする)

技・・・戦術を磨く(現場第一主義)

体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)

——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − seven =