社長という役割を担う者にとって、最も重要な仕事は意志決定である。

その中で、理念を定めビジョンを指し示すことは最も重要な意志決定
と言える。

また、組織や倫理、商品、価格など、大きな変化をもたらすものから、
日々の小さな意思決定まで、これらの積み重ねが、明日の結果を生み
出している。

経営に真剣に取り組めば取り組む程、何を選択すべきか、選択は正し
かったのかと悩む日々を送ることになる。過去は振り返らないと、
カッコよく言ってみたいものだが、そこまで図太くもなれず、日々、
自分との問答を続けている。

意志決定には、確度、速度、覚悟がいる。

確度とは、実行精度と得たい成果を得る確率であり、同じ努力なら
得られる成果は大きい方がよい。方法を誤ると、上手くいくことも
行かなくなる。それには、集積された知識とそれを生かす知恵が
いる。多くの失敗がそれを学ばせてくれる。

速度はスピードと時期だ。仕事の出来る人は例外なく意思決定が早い。
同時に、実行の時期を誤らない。適切な時に、適切なタイミングで
決定を下す。今と思えば即断即決、まだと思えばじっくり温める。
これが出来る理由は、普段から考えているから。それに尽きる。
直観もあると思うが、何のデータもなしに即断即決するのは、仕事
ではない。

覚悟は説明の必要はない。意思決定がもたらす結果を恐れていては
前に進むことは出来ない。また、その場に留まるとという覚悟も
また必要な時がある。

日々、意思決定の場面に、意志と意図を持つことが、この三要素を
鍛える最善の策である。

——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!
心・・・本当の強さ(人を幸せにする)
技・・・戦術を磨く(現場第一主義)
体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)
——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 5 =