大阪は今日から3日間「えべっさん」。
毎年、笹を持ってお参りし、商売繁盛を祈願する。

正月は初詣で神様に祈る。

そして、墓参りして先祖に祈る。

人は時として、目に見えない力に依存し、より所とする。

「困ったときの神頼み」という言葉もあるが、単なる他力本願で成果が出るなら誰も苦労しない。

大切なことは「人事を尽くして天命を待つ」ということだろう。

しかし、出来るだけのことをやったとしても、上手くいくとは限らない。

成功に不思議の成功あり、失敗に不思議の失敗なしと言われるように、物事の成否は人知では
計り知れないものがあると思える。

だからこそ神頼みというものが単なる風習を超えて、今なお存在するのだろう。


先日、テレビを見ていると、イイ話についての番組が流れていた。

その中で、子供電話相談室のエピソードが紹介されていた。

「流れ星が流れている間に3回願い事をかなえると夢が叶うというのは本当ですか?」

という相談に対しての答えに感銘を受けた。

細かくはかけませんが要点をまとめると、

「流れ星が流れた瞬間に願いが浮かぶということは、常にその事を考えているということ。
それだけ深く抱いている願望なら夢は必ず叶うのではないでしょうか?」

素晴らしいと思う。

ナポレオン・ヒルの「強烈な思考は必ず現実化する」という言葉がありますが、まさにその事を
指していますね。

最後に、吉田松蔭の言葉を紹介します。

夢なき者に理想なし
理想なき者に計画なし
計画なき者に実行なし
実行なき者に成功なし
故に、夢なき者に成功なし

皆さんは、流れ星が流れた瞬間に頭に浮かぶ願い事がありますか?

私の目標は
「日本一のIT創客カンパニー。そして、日本発世界のITソリューションの開発と普及。」です。

まだまだ道半ばです。

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!

心・・・本当の強さ(人を幸せにする)

技・・・戦術を磨く(現場第一主義)

体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)

——————————————————


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 10 =