夢を持つ方法

スタッフバンクの権藤社長の紹介で西田文郎先生の講演に行ってきました。

今まで色々な講演を聴きましたが、スッと胸に落ちる「感じる」セミナーでした。

人生を楽しむ極意は存在すると言う事に改めて気付いた次第です。

そこでふと気付いたのですが、多くの人が「夢・目標」の大切さを説いていますが、個人面談などをしていると「夢や目標がない」「どうすれば見つかるか解らない」という声をよく聞きます。

要は「情熱を注げるものが見つからない」という事です。

私もその内の一人でした。

今は、この問いに対する答えが明確にあります。

それは「可能思考」です。簡単に言えば、「できる!」と思えるか否かです。

夢を持てない時は、行動を起こす前から出来ない理由を探して結局何もしない。

結果、何も起こらない。

その思考を何度も繰り返した結果、脳は自分の範囲を勝手に決め、視野を狭くし、近くのものしか見えなくしてしまうのです。

「出来たか」「出来なかったか」は、達成した時と諦めた時の二つのタイミングでしか発生しません。

多くの人が、何もトライする前に、勝手に諦めて「出来なかった」と言っているに過ぎない。諦めない限り、失敗はしないのです。

そこで、夢を持つためには、この思考を変え、意識の中の「できる!」範囲を広げる必要があります。

では、この思考を変え、肯定的なイメージで日々を過ごすにはどうすればいいのか?

私の体験から言えば、答えは一つ。

「夢のある人の傍にいること」

人間は環境の生き物です。自らの意識を必死になって変える必要なんてありません。

夢を持ちたければ、夢のある人の傍にいれば、脳は勝手に可能思考になる。

いとも簡単に前向きになれるのです。

——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
△2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。
目標100冊読破→現在35冊。

「バカ社長論」山田咲道

「ディズニー7つの法則」トム・コネラン

——————————————————


私、結婚します!

「私、結婚します!」



と言いましても、当然ながら私のことではありませんwww。

今年に入って、エクストは結婚ラッシュです!!

数ヶ月前、デザイナーの浅井から結婚するとの報告を受けました!!おめでとう!

そして今日、プランナーの照井が突然やってきて、

「お付き合いしていた方と、いよいよ結婚することになりました!!」



「新妻です!!」

との事www。

めでたいです~!!

エクストは、取締役全員が既婚者ですが、社員さんは全員独身でしたので、いよいよ会社として次のステップに進むときがきた感じです。

小売会社の方では、逆に全員が既婚者です。

中小企業の経営者にとって、この変化はとても重要な変化なのです。

当然ですが、社員さんのみならず、その家族までもが責任の範囲なのですから。

またひとつ責任が重くなった気がします。同時にやりがいも増えました!

とにもかくにも、おめでとう!!

——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。
目標100冊読破→現在30冊。

「プロフェッショナルアイディア。」小沢正光

——————————————————


プレゼンテーション力は準備と即興の狭間にある

岡野塾第2講に参加しました。今回のテーマは「情報編集の達人」。

既知の情報とシナプスの連結が発想の原点という前回の講義を振り返りながら、情報の編集を通して、新たな価値を生み出すという実践的なカリキュラムでした。

今回の講義の中では、何度も実習が行われましたが、即興でアイデアをひねり出すにはこうしたトレーニングが欠かせません。

エクストはインターネット創客に特化した会社です。その為、日々、創客アイデアを練らなければなりません。そしてそれをクライアントに理解してもらってこそ、日の目を見ることになります。

事前にじっくり企画を練りこんで「さぁ、プレゼン!」と意気揚々とクライアントに出向く訳ですが、実際のプレゼン現場では、思ったとおりの反応が返ってくる事は稀です。

予想しない質問・指摘など、質疑応答にこそ本当の意味でのプレゼンテーション力が発揮されるのです。

プレゼンテーションスキルには、以下の4つがあります。

・コンテンツ(Contents)   話の内容に魅力があるか?

・ストラクチャー(Structure) 話の組み立ては適切か?

・デリバリー(Delivery)   話の伝え方がスムーズか?

・プレゼンス(Presence)  存在感、立ち振る舞いは好感が持てるか?

プレゼンが苦手な人は、このいずかに課題があると言われていますが、これにもう一つ加えるとすれば、

・インスタント(instant)  その場に応じた即興の受け応え、妙意即答

という事になるのではないでしょうか?

ここでの課題は、即興の得意な人は、得てして準備(学び)を怠るという点でしょうか?

このようにプレゼンテーション力とは、事前に準備できる4つの項目とその場の臨機応変な妙意即答の狭間にあると言えるのです。

インスタントを鍛える為には、結局日々の即興トレーニングが欠かせませんね。

——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。
目標100冊読破→現在30冊。

「プロフェッショナルアイディア。」小沢正光

——————————————————


プロのクリエイターと呼ばれるために

来週からエクストアカデミーの「コピーライティング講座」が始まります。

今日は一日、カリキュラム作りを行いました。

その関係で、ここの所、広告にまつわる本を読み漁っていますが、企画発想のプロも、コピーライティングのプロも、デザインのプロもまったく同じ事を言っていることに気付きます。

講座のネタバレになるので深くは書けませんwww。

が、ひとつ上げるとすれば、

「一定レベルを超えるものを安定して作れてこそプロ」

という言葉です。

ごく当たり前の事ですが、それを実現するための方法について、突き詰めて考え、実行している人はそう多くはありません。

一流と呼ばれる人はここに気付き、それを実践しています。

そしてその方法は、分野は違えどほとんど同じ手法に辿り着いています。

プロのクリエイターと呼ばれるために、どう考え、どう実行するか?

それを身に付けるのが「コピーライティング講座」の目的になります。

そして経営者もクリエイターです。

プロの経営者、経営の専門家として、恥じない存在になる必要が、それを目指す責務があります。

会社は発想以上に成長しない。そして、発想は知識(言葉)以上に膨らむ事は無い。

だからこそ学ばなければならないと思います。

プロの世界に「無知の知」など存在しないのです。



——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
△3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。
目標100冊読破→現在29冊。

「最新約 コピーバイブル」宣伝会議

——————————————————


エクスト サクセス インデックス(ESI)

エクストでは創客支援サービスとして、創客ノウハウ、創客ツール、創客マーケットという3つを提供してます。

その中の創客ノウハウを、「エクスト サクセス インデックス(ESI)」という形で体系化しました。

お客様のWEBサイトを客観的指標を元に分析する「WEBサイトの成功方程式」となります。

正式にリリースは8月以降になる予定ですが、エクストらしくきっちりとシステム化します。

最終的にはWEBツールとして提供できればと構想を練っています。

但し、エクストではアナログ視点を重視していますので、単なる自動診断システムとはまったく異なる仕組みを取り入れていきます。

こういう事を考えているとワクワクします・・・(嬉)。。。

詳細は随時、お知らせします。

さて、今日はエクストアカデミー「創客サイト研究会Vol2」でした。

本日のテーマは「吸客」

広告はプッシュではなく、プルです。お客様が「欲しい!」と感じるためのツカミです。

その為には、キャッチコピー、デザイン、コンテンツなど、全てのコンセプトが統一されていなければなりません。

今回は、トップクリエイターの広告を検証しつつ、実習を通してキャッチコピーの作成を行いました。

なかなか面白いアイデアがありましたが、こうしたスキルを高めながら、より効果的、効率的な「創客サービス」の実現にチャレンジしていきます。

明日から日曜日まで東京出張にて商談3件です。行ってきます。

——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。
目標100冊読破→現在27冊。

「効告」京都広告塾

——————————————————