事業ドメインとは

ドメインとは、生物における「生存領域」である。

生物が生きるための環境として、

酸素



食物

気温

の4つの要素が必要です。

この量や温度、食物の種類などによって、生存領域が異なることになります。

同様に事業ドメインとは、企業が生存するための存在領域のことを指します。

この生物のドメインとは異なり、自らの判断で設定することができます。

その要素は3つ。

市場軸・・・どのような顧客ターゲットか?どのようなニーズに応えるか?

製品軸・・・どんな商品サービスを提供するのか?

機能軸・・・顧客にどのような便益を与えるのか?

エクストの場合、おおまかに書くと以下のようになります。

市場軸・・・中小企業のネットプロモーション市場

製品軸・・・IT創客サービス(ノウハウ、ツール、マーケット構築)

機能軸・・・売上アップ

事業ドメインは、何をするかを規定するものですが、同時に何をしないかを明確にする大切な役割を持っています。

ドメインを定義することは未来に向けて何を行い、何を行わないかを規定するものです。

これを決めないことで、不必要な事業に少ない資源を細分化してしまい、会社がダメになる場合があります。

設定のポイントは、以下があります。

1、将来に向けて有望なマーケットである。

先細りの事業ドメインなら、即座に新しいドメインを再設定すべきです。ただし、先細っても無くならないニッチな市場で生き切るという選択もあります。

2、当該分野でNO,1を狙える強みを持っている、もしくは持てる可能性がある。

どんな市場でも、競争に勝たなければ生存はできません。生き残るためには競合他社にない「強み」、競合他社が持たない「強み」は不可欠です。

3、利害関係者から見て、具体的に何をしようとしているのか連想できる。

社内メンバーとの共通認識を持つことはもちろんですが、社外の協力会社やお取引先に対して自社が何を行う会社かを宣言することはとても重要です。

4、事業戦略との整合性が取れている。

既存の戦略はもちろん、未来に向けて何を行うかとドメインは常に整合性がとれていなければなりません。もし取れていなければ、ドメインが誤っているか、戦略が誤っているかをチェックする必要があります。

5、絞りすぎない。

ドメインを絞りすぎると、事業展開の幅が広がりません。事業を深堀りすることは大切ですが、新しいビジネスの発想は既存の価値観や固定観念を打破したものです。そうした時にドメインを逸脱するからといってチャンスを棒に振る必要はありません。ドメインは、方向性を指し示す程度が良いと思います。

6、拡大解釈しない。

同時に、拡大解釈してはいけません。特に中小企業はリスクが大きくなります。「すべての人に店舗で幸せを!」なんてドメインを設定したらなんでも出来てしまいますが、これでは設定する意味がないわけです。

この場合、以下の組み合わせについて考えるとわかりやすいかもしれません。

1、「既存の顧客」 に 「既存の商品」 ・・・ 現在市場浸透

2、「既存の顧客」 に 「新規の製品」 ・・・ 製品開発

3、「新規の顧客」 に 「既存の商品」 ・・・ 市場開拓

4、「新規の顧客」 に 「新規の商品」 ・・・ 多角化

この「4、」の多角化を行う際は特にドメインを意識する必要があるでしょう。

ドメインの意義は、限られた資源を最大限、効果的に活用するために何をし、何をしないのかを絞り込み、強みを更に強くすることにあると思います。

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
△3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在60冊。

「企業再生のための経済政策」大塚晴之

「ゆとり教育世代の恐怖」柘植智幸

——————————————————


LPO(Landing Page Optimization)とは

下記の数字を見てください。

=================================
【TypeA】
表示回数:896
直帰率 :44.27%
離脱率 :40.29%
フォームへの遷移数:73 34.11%
=================================
【TypeB】
表示回数:873
直帰率 :54.83%
離脱率 :42.84%
フォームへの遷移数:21 12.14%
=================================

これは、エクストの戦略アシストプラスをご利用頂いているお客様のアクセス分析データです。

【TypeA】と【TypeB】は、同一ページです。

ユーザーの行動履歴の変化を読み取るために、デザインを2種類作ります。

デザインの切り替えは、システムが自動的に行い、ほぼ同じ数のアクセスを集めます。

結果、【TypeA】のデザインの方が、フォームへの誘導で3倍多いというデータが出ました。

あとは、【TypeA】のデザインをサイト全体に反映すれば、お問い合わせ数が増加します。

こうした手法を、「LPO(Landing Page Optimization)」と言います。

LPOとは、ホームページにおいて、最も成果につながるデザイン、レイアウト、コンテンツを実験によって導き出し、最適化する手法の総称です。

具体的には、上記のようなABテストなどを繰り返し、少しずつ最適化していきます。

エクストのコンセプトである「創客を科学する」とは、こうした実験を繰り返してホームページの費用対効果を最大限に高めていくことです。

ちなみに上記の【TypeA】と【TypeB】で変更したのは、ボタンのデザインのみです。

【TypeA】が小さ目のボタン

【TypeB】が大き目のボタン

「ボタンは押しやすいように大き目に」は間違っていることが解ります。

この事で解るのは、「大きすぎるとバナーと認識されユーザーは押さない」という推論です。

同時に、ボタンデザインひとつがユーザーの行動を大きく左右することが解ります。

こうした創客ノウハウを日々実験しています。

LPOなどのサービスにご興味のある方はぜひお問い合わせください。

お問い合わせは、コチラのフォームをご利用ください。

お問い合わせフォーム

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

△1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
△2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
△3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在60冊。

「企業再生のための経済政策」大塚晴之

「ゆとり教育世代の恐怖」柘植智幸

——————————————————


VISTAのサービスパック1はインストールするな!

Windowsの更新のお知らせ機能にて、VISTAサービスパック1の更新情報が来ました。
そこで、VISTAのサービスパックを気軽にインストール!
してえらい事になりました。。。
どうやらIE7に関するレジストリでエラーが発生したようで、まったく立ち上がらない・・・。
セーフモードもダメ。
自動修復機能もフリーズ。
復元機能もフリーズ。
もう何をやっても起動できません(叫)!!

更新パックのインストールごときで、OS再インストールするはめになるとは。
Microsoftはええ加減にして欲しいです・・・。

グループウェアで重要な資料は復元できるとして、マイPCだけに置いてあった資料は全て消えてしまう・・・。
メールとか・・・。
思い出写真とか・・・。
ポエムとか・・・。←うそ
——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

〇1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
〇3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在58冊。

「ホンダをつくったもう一人の創業者」大河滋

——————————————————


IKEA(イケア)鶴浜レポート ~パート3~

IKEA鶴浜 パート3です。
パート1はコチラ
パート2はコチラ
1階のフロアマップです。
20080924111700.jpg 1階は雑貨品が多数そろっています。
20080923162806.jpg 20080923163216.jpg 20080923163536.jpg 絵画コーナー
20080923163733.jpg ツボがいっぱい。
20080923163900.jpg 20080923164029.jpg そしていよいよ最終ゾーンへ!

最終ゾーンは巨大倉庫です。
ここで、選んだ家具などをカートに乗せていきます。
20080923165015.jpg え~と、6列の~3棚は~
20080923165027.jpg ここだ!
20080923164959.jpg ところが・・・!?
20080923164633.jpg 在庫切れ~?!
店員さんに聞くと、
「別の棚に置いてある場合もありますので、
そこのコンピューターで検索してみて下さい!」
とのことだったので、検索しても見当たらず、
何だか残念な気持ちに・・・。
ところが・・・
20080923164857.jpg なぜかゲットだぜ!
ちょうど返しにきた人がいたので
運よく手にすることができましたwww。
で、運よくゲットできたことに浮かれてレジへ行くと・・・
何と山積みの在庫が・・・!
20080923165240.jpg がっくりして、喜んだ分のエネルギーが無駄に・・・。
家に帰って組み立てました。
イスです。
20080923184436.jpg タオルハンガー
20080923184537.jpg 例の赤いテーブル。シンプルでかわいいです。
サイドテーブルなので足を切った方がいいかも。
20080923184704.jpg ということで、写真でごまかしている感がなめませんが、
なかなか快適なショッピングでした。
カタログなどに、「低価格もデザインのひとつ」と書かれている
とおり、デザイン性が非常に高く、値段も非常にリーズナブルです。
品数も豊富で、今まで行った中では一番楽しめる
家具屋さんある事は間違いありません。
ただ、小物をかごに入れながら、ちょっとした買い物する
場合などは不便かもしれません。
ターゲットは、新婚さんや30代~40代で
子供さんが小さいファミリー層がメインだと思います。
ぜひ一度、行ってみてはいかがでしょうか?
20080923165523.jpg


買取りビジネス

仕事柄いろいろな業種の方と接点があります。

原材料や原油が高騰する中で、多くの業種にじわじわと影響が出始めています。

肌で感じる冷たさになった事で、危機感みたいなものが生まれているのが正直なところではないでしょうか?

エクストは、創客というコンセプトで事業を行っていますので、その責任は非常に重大です。

こんな市場環境の中で、会社の貴重な時間とコストをエクストにお任せいただく訳ですから、その成果をしっかりとお返ししなければなりません。

そんな事で、最近よく聞かれるのが「今、どんな業種が元気なんですかね??」という質問です。

私が感じるのは、買取り系の企業は比較的元気です。

特に嗜好品の買取りビジネスが活発です。

金、プラチナ、ブランド品などの分野では、地方局でのCM展開など、認知度アップに向けた投資意欲が非常に旺盛です。

現在の買取りビジネスは量の勝負。

該当分野でいち早くブランドをつくり、安定的に商材を確保する必要があるからでしょう。

ビジネスには、導入期、成長期、成熟期、衰退期という市場サイクルがありますが、買取りビジネスもいずれは衰退することになります。

今の内に次の一手を打っておく必要があるでしょうね。

どんな業種でも元気な企業は存在していますが、それは一握りの優れた企業です。

多くの企業は、外部環境の変化によって影響を受けるのが普通です。

安定して事業を進めていくためには、その一握りの企業にならなければいけません。

その一握りの企業は、小さな変化をくりかえし、商品や市場の成長サイクルに乗り換えています。

エクストも次の一手に向けて、着実に進んでいかねば!

精進します。

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2008年度テーマ!

△1、時間の使い方に徹底的にこだわる。
〇2、「神は細部に宿る」小さな事に徹底してこだわる。
Ⅹ3、情熱、熱意を会社の細部にまで行き渡らせる。

目標100冊読破→現在56冊。

「僕、9歳の大学生」矢野祥

——————————————————