バランススコアカード 戦略マップ

今日は小売会社で、バランススコアカードの戦略マップ作成に頭を悩ませました。
前回の全体会議で、社員さんからラベリングがなってない!と叱責を受けました
のでリベンジとばかりに頑張ったのですが、どうも妙案が浮かばず・・・www。
バランススコアカードでは、財務の視点、顧客の視点、業務の視点、人材の視点
の4つの視点で戦略を構築します。
バランススコアカードで特徴的なのは、
人材→業務→顧客→財務という順番に「なぜ、なぜ、なぜ」と問いかけ、
逆に財務→顧客→業務→人材という順番に「その為に、その為に」と
深堀りしていくところです。
その結果、各戦略がつながり、視覚的にメンバーへの周知が行われます。
たとえば、
————————————————————
(人材→業務→顧客→財務)
人材の視点「ヒヤリング能力の強化、商品改善力の強化」
なぜそれを行うのか?
業務の視点「アンケート収集し、要望に従い商品改善」
なぜそれを行うのか?
顧客の視点「A商品の品質強化により顧客満足度UP」
なぜそれを行うのか?
財務の視点「A商品の売り上げシェアを50%に!」
————————————————————
(財務→顧客→業務→人材)
財務の視点「A商品の売り上げシェアを50%に!」
その為に
顧客の視点「A商品の品質強化により顧客満足度UP」
その為に
業務の視点「アンケート収集し、要望に従い商品改善」
その為に
人材の視点「ヒヤリング能力の強化、商品改善力の強化」
————————————————————
それを図にあらわしたものを「戦略マップ」と言います。
このように、複数の戦略を線で結び、因果関係を明確にすることで、
本当に必要な戦略が明確になってきます。
とはいえ、これがなかなか難しい。
13年間、経営方針を作成し続けていますが、如何にやりたいことだけ
書き連ねて来たかが解ります。
特に「顧客の視点」では、自社が提供したい価値とお客さまが望む価値
が合致しているのか?に相当、頭を悩ませました。
同時に、自社の取り組みがお客さまにどんな価値を提供するのかをつなぎ
合わせるのは非常に難しいです。
財務、顧客満足、商品サービス、業務フロー、人材育成
これらに対する取り組みが、有機的につながって初めて効率的、効果的
な活動が行えるはずですが、計画時点でこれらの結びつきまで検討しき
れている中小企業はそう多くはないと感じます。
バランススコアカードは、大企業を中心に浸透していますが、実際に
取り組んで見ると、余計な事をしている暇も資源もない中小企業こそ
やってみる価値があると思います。
エクストも、やりたいことは山のようにありますが、これに取り組む
ことで、相当に削ぎ落とすことができたように思います。
昨日のブログでも書きましたが、「実行力=実力」です。
これからも実行するための方針づくりをしていきたいです。
——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!
心・・・本当の強さ(人を幸せにする)
技・・・戦術を磨く(現場第一主義)
体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)
——————————————————
今日は小売会社で、バランススコアカードの戦略マップ作成に頭を悩ませました。
前回の全体会議で、社員さんからラベリングがなってない!と叱責を受けましたのでリベンジとばかりに頑張ったのですが、どうも妙案が浮かばず・・・www。

バランススコアカードでは、財務の視点、顧客の視点、業務の視点、人材の視点の4つの視点で戦略を構築します。
バランススコアカードで特徴的なのは、
人材→業務→顧客→財務という順番に「なぜ、なぜ、なぜ」と問いかけ、
逆に財務→顧客→業務→人材という順番に「その為に、その為に」と
深堀りしていくところです。
その結果、各戦略がつながり、視覚的にメンバーへの周知が行われます。
たとえば、
————————————————————(人材→業務→顧客→財務)
人材の視点「ヒヤリング能力の強化、商品改善力の強化」
なぜそれを行うのか?
業務の視点「アンケート収集し、要望に従い商品改善」
なぜそれを行うのか?
顧客の視点「A商品の品質強化により顧客満足度UP」
なぜそれを行うのか?
財務の視点「A商品の売り上げシェアを50%に!」
————————————————————(財務→顧客→業務→人材)
財務の視点「A商品の売り上げシェアを50%に!」
その為に
顧客の視点「A商品の品質強化により顧客満足度UP」
その為に
業務の視点「アンケート収集し、要望に従い商品改善」
その為に
人材の視点「ヒヤリング能力の強化、商品改善力の強化」
————————————————————
それを図にあらわしたものを「戦略マップ」と言います。
このように、複数の戦略を線で結び、因果関係を明確にすることで、本当に必要な戦略が明確になってきます。

とはいえ、これがなかなか難しい。

13年間、経営方針を作成し続けていますが、如何にやりたいことだけ書き連ねて来たかが解ります。
特に「顧客の視点」では、自社が提供したい価値とお客さまが望む価値が合致しているのか?に相当、頭を悩ませました。
同時に、自社の取り組みがお客さまにどんな価値を提供するのかをつなぎ合わせるのは非常に難しいです。

財務、顧客満足、商品サービス、業務フロー、人材育成
これらに対する取り組みが、有機的につながって初めて効率的、効果的な活動が行えるはずですが、計画時点でこれらの結びつきまで検討しきれている中小企業はそう多くはないと感じます。

バランススコアカードは、大企業を中心に浸透していますが、実際に取り組んで見ると、余計な事をしている暇も資源もない中小企業こそやってみる価値があると思います。
エクストも、やりたいことは山のようにありますが、これに取り組むことで、相当に削ぎ落とすことができたように思います。

昨日のブログでも書きましたが、「実行力=実力」です。
これからも実行するための方針づくりをしていきたいです。

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!

心・・・本当の強さ(人を幸せにする)

技・・・戦術を磨く(現場第一主義)

体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)

——————————————————


実行力が大切

今日は、新規の商談に行ってまいりました。
今回のお客さまは、以前のホームページ製作会社とのやり取りが上手くいかず、
非常にご不満を持たれていました。
いろいろなお客さまと商談をしていてよく聞く言葉があります。
それは
「製作会社はみんな同じように立派なことを言うけど、ふたを開けると
製作以後はほったらかしで、もう信用できなくなっています。」
です。
業界全体の信頼度が失墜している事実がココにあります。
この言葉には、大いに反省させられます。
エクストでも、新規製作を促進すればするほど、アフターケアが疎かになり、
既存のお客さまへのサポートができず、お客さまにお叱りをいただくことが
何度もありました。
そうした反省をもとに、お客さまへのサポート強化を方針に掲げて活動して
おりますが、まだまだご満足いただけるレベルとは言えないと思います。
先日、あるコンサルティング会社の営業の方と話していると、
「売上に直結する実践的な勉強会への要望ばかりになってきました。」
という話を聞きました。まさに時代を反映しています。
エクストが提供するサービスコンセプトは「創客」であり、まさに成果を
求められています。より効果的な商品サービスを提案していく使命が我々
にはあります。
前述したように、「立派なことはいうが結局は期待外れ」という状況を作る
要因は「実行力不足」に原因があると考えています。
みんなが口を揃えて「ホームページは作ってからが本番!」と言ってますが、
製作以後のサポートサービスを安定供給できる会社は一握りです。

理論理屈、手法の話は誰でも知っています。
しかし、実行力がないためにそれができないのが現状の信用失墜を生み出して
いると思います。

実行するためには「教育」と「仕組み」が不可欠です。
一人がもっているノウハウを、プランナー、デザイナー、プログラマで共有し
商品サービスとして提供しなければ、理想は達成できません。
情報を共有し、教育により技術を磨かなければ、よい商品サービスの提供は
できないのです。
また、それらを安定して提供するためには、業務フローを中心とした「仕組み」
が必要です。
こうすれば成果が出る!お客さまに喜んでいただける!と思っても、業務フロー
がなければ、「やりたいけどできないジレンマ」に悩まされるだけです。
多くのWEB製作の会社は、新規を獲得しなければ食べていけません。従って、
こうすれば良いという方法は解っていても、実行する余裕がないのです。
結果的に、アフターフォローができず不満を作り出してしまいます。
エクストでは、この実行力を身につけるために、サポートシステムの開発や
フロー作りに取り組んでいます。
日々改善を繰り返していますがまだまだです。
2月からは、既存のサポートサービスを強化し積極的に改善提案を行っていきます。
実行できることがすべてです。
日々、精進いたします。

——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!
心・・・本当の強さ(人を幸せにする)
技・・・戦術を磨く(現場第一主義)
体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)
——————————————————


自己を勇気づける言葉

今から10年以上前に「自己を勇気づける言葉」という書籍を読んだ。
内容については細かく記憶に残っていないが、タイトルだけは未だに覚えているから不思議だ。

そこで、私にとって自己を勇気づける言葉とは何だろうか?と改めて考えてみた。

ひとつは座右の銘である
「踏まれても咲くたんぽぽの笑顔かな」
である。母校、明徳義塾で教わった言葉だが、自分の生き方と照らし合わせたときに、まさにこの言葉がしっくりきたのだ。
お陰で花のない人生を真っすぐ歩んでいるが、それこそが自分の美学になった。
もちろん一旗あげてやろうという野心が無い訳ではないが、それも雑草故の成り上がり根性に他ならない。
自分の生き方について、人にとやかく言われる筋合いもなければ言う権利も持ち合わせていないのだから、それもまた良しではないか。

もうひとつは、自己の存在価値を認めてもらえる言葉だ。
昨日、小売会社の勉強会にて、社員さんから感謝の意を伝えられた。
純粋に嬉しかった。
夜は、知人に「岡野先生が高畑さんのこと、いつも褒めてたよ!」の言葉に舞い上がり、
昨日、サイトオープンしたお客さまに電話したところ、「大変満足しています。末長くよろしくお願いいたします!」との言葉に飛び上った。
そして、今、エクストメンバー勉強会の報告書に
「社長、いつも見守ってくれてありがとうございます。期待に応えられるような自分になれるよう頑張ります!」
と複数の社員さんが書いてくれている。

自分を勇気づけるために必要なものは、
「自らを励ます、夢、希望の言葉」と
「自分の存在を肯定してくれる、感謝の言葉」
であると、今、このブログを書きながら気付いた。

モチベーションの源泉は、「夢と感謝」。

そうに違いない。


誕生日の阪本と法正。首から下げているのは「あなたの良いトコメダル」www。



——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!

心・・・本当の強さ(人を幸せにする)

技・・・戦術を磨く(現場第一主義)

体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)

——————————————————


情報は偏る

岡野先生主催の「Savilna!(サビルナ)」に行ってきました。
総勢10名で、印象に残った書籍の書評を書き発表するという勉強会です。
基本的にその書評を聞けば、もうその本は読まなくていい!というくらいまで
まとめるのが今回の課題です。
面白かったのは、選択する書籍のジャンルが見事に性格を反映している点です。
感動屋のMさんは、ある裁判についての書籍
コネタ大好きのKさんは、大阪の地名の由来の書籍
言葉がライフワークのMさんは、物語編集の書籍
などなど・・・。
ちなみに私はマネジメントについての本をチョイスしました(汗)。

各自の書評を聞くと、それぞれ本の読み方が違うということが良く解ります。
勉強会の趣旨とは異なりますが、自分が読んだらどんな感想を持つだろうかと
逆に興味をそそられます。
本を読むということは、知識を吸収するということですが、同時に思考を進化
させる触媒の働きを持っています。
まったく異なるジャンルの情報から、新しい発想が生まれてくるのです。

専門バカになるなと言いますが、専門性を高めることを否定しているの
ではなく、偏った情報だけで物事を判断するなという意味が込められて
いるのではと感じます。
とはいえ、先ほどの読書選択の法則をみると、人間は何かに傾倒する
特質を持っているものだと実感する。
自ら意識していなければ、情報は自然と偏るものなのでしょう。
ひとつ大きな学びを得ました。

——————————————————

エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!
心・・・本当の強さ(人を幸せにする)
技・・・戦術を磨く(現場第一主義)
体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)
——————————————————


子は宝

今日はオーガニックの専門店、ナチュラルハウスのKさんと打ち合わせ。
来年度に向けて、様々な取り組みが計画されています。
組織が大きくなると、ひとつの行動に対して多くの管理項目が発生します。
担当のKさんは、強い熱意で取り組んでいるので、こちらも熱が入ります!
ぜひ成功させたいですね!
その後、高校時代の同級生宅に訪問。昨年生まれた息子と対面。
抱っこするとニコッと笑って、超かわいかったですwww。
子は宝と言いますが、この子たちが大きくなる頃に、自分はどんな人間に
成長していて、世の中はどんな風に流れているのかを考えると、なんだか
燃えてくるものがありますね!
頑張らねば!!



—————————————————–
エクスト社長 高畑欽哉の2009年度テーマ!
心・・・本当の強さ(人を幸せにする)
技・・・戦術を磨く(現場第一主義)
体・・・腹筋を割る(心身ともに強靭に)
—————————————————–