メディアイノベーション

インターネットの登場によって、新聞やテレビといった既存のメディア
が衰退の一途をたどっている。ユーザー離れに加えて、リーマンの
一件によりスポンサー収入が減少し、予算縮小のため番組編成が
大きく様変わりしているというニュースも良く聞く。

しかし、こうした見方が間違っているのではないかとふと気付いた。
ここ数年で起こり始めた変化の本質は「誰が最もはやく変化するか」
に集約されることであると。


近年のメディア論は、往々にして「インターネット対既存のメディア」
の構図によって描かれてきた。

この時におかしな現象が起こる。

既存メディアは、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌という呼称であるが、
これらはすべて、情報を発信するハードである。

映像・・・テレビ
音声・・・ラジオ
活字・・・新聞、雑誌

つまり、既存メディアは、発信する情報によって発信するハードを
切り分け、それをテリトリーとしてお互いを認知し合ってきたのである。


それに対する、インターネットはインフラである。インターネットを受信
するハードはパソコンであり携帯である。

ここに変化の本質があるのではないだろうか?

テレビやラジオといった既存のメディアが苦戦を強いられてきたのは、
インターネットというインフラを、慣例に従ってパソコンと言うハードに
区分してしまったがために、その後の対応に遅れをとったのである。


ようやくそのことに気付いたのか、今年に入って慌ただしく、メディア
の融合が進んでいるように感じる。

・日経新聞のネット版が有料化
・ラジオのインターネット配信
・SONYとgoogleの提携
・書籍電子化が加速


三木谷さんや堀江さんが、テレビ局のM&Aを積極的に推進してきた
背景には、この本質部分と未来を見通した先見の明があったのだと
感じずにはいられない。


まさに今、メディアイノベーションが始まっています。

この先、iphoneやipadのような情報端末が急激に進化していくことが
予想されます。

こうしたハードの進化に各業界がどのように対応していくのか?

自分たちが持ち得る強みを、進化するインフラやハードにどうマッチ
させていくのか、興味深く観察していきたいと思います。


いずれにしても、既存の枠組みを守ろうとすればするほど、遅れを
とることになる。

今までのように、メディアとハードをセットにした考え方では、自らの
イノベーションを実行することはできないだろう。



——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2010年度テーマ!
1、歴史に学ぶ・・・歴史の本を読み漁りたいと思います。12冊。
2、アグレッシブ・・・5サービスリリースと露出度のアップ。
3、新たな趣味を・・・ジムに通う。写真を始める。
——————————————————


ソフトバンクに!

インターンに来ていたNくんが就職が決まったということで挨拶に来て
くれました。

今をときめくソフトバンクに就職が決まったということで、受け入れ側
としても嬉しい嬉しい報告となりました。


Nくんは、受け入れ当初からただならぬ雰囲気を持っていました。

当時は、起業を目指していると言っていましたが、その前に一度、
就職して揉まれてきなさいとアドバイスしていたので、今回の決断
はとても良いことだと思っています。


お祝いということで、その後一緒に食事にいきましたが、終始学生
とは思えないくらいしっかりした受け応えで、こちらが勉強させられ
ましたwww。


スキルは経験によって磨かれます。

今持っている能力が、この先開花するかしないかは、これからの
経験をプラスにしていくことが大切だと思います。

昨日のブログに書いたK社長のように、マイナスの経験をプラスに
変えていける人は、どんな逆境も超えていける。


自ら苦労の中に身を置いて、汗かいて、泣いて、笑って、我慢して、
そうしている内に、いつか自分の価値観や哲学が磨かれていくと
思います。


なにはともあれ、Nくん、就職おめでとう!



——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2010年度テーマ!
1、歴史に学ぶ・・・歴史の本を読み漁りたいと思います。12冊。
2、アグレッシブ・・・5サービスリリースと露出度のアップ。
3、新たな趣味を・・・ジムに通う。写真を始める。
——————————————————


伝えたくても

週末、東京出張に行ってきました。

新幹線でいくつもりが、運送会社を営むK社長がたまたま友人の
荷物を東京に運ぶということで、一緒にトラックで行ってきました。

プチ旅行気分で、あっという間の往復路でした!


道中、K社長の生い立ちを聞きましたがあまりに壮絶な人生に
言葉が出ませんでした。。。


K社長は、早くに父親を亡くし母子家庭で育ちました。

生活もままならない家庭環境の中で、相当悪いこともしてきたが、
お母さんのお陰でどうにか高校に通う事が出来ます。

しかし卒業目前の18歳の時にお母さんを病気で亡くしてしまいます。

天涯孤独となったK社長は運送会社に勤めながら独立を果たし、
今は70台を超えるトラックを持つ会社に成長させています。


そんなK社長がぽつりと一言

「今の姿をおかんが見たら、泣いて喜んでくれると思うなぁ」

しみじみと語った言葉がずしんと響きました。


ありがとうと言いたくてももう言うことができない、そんな無念さを
感じました。


そう考えると、自分はまだまだ甘いなぁ。


事業の根底には、そこに関わる人々を幸せにするという大きな
目的がありますが、日々の仕事にどれだけそんな想いが込めら
れているだろうか?


本当に良い時間を共有させていただきました。ありがとうございます!


——————————————————
エクスト社長 高畑欽哉の2010年度テーマ!
1、歴史に学ぶ・・・歴史の本を読み漁りたいと思います。12冊。
2、アグレッシブ・・・5サービスリリースと露出度のアップ。
3、新たな趣味を・・・ジムに通う。写真を始める。
——————————————————